ホワイトデーお返しをするにあたって、知っておいて損はない豆知識を一つご紹介したいと思います。

 

それは、お返しのお菓子には、それぞれ意味が込められているという話です。

 

女性の方って、占いや縁起の良い悪いを気にする人って、少なくないですよね。

特に、本命の女性にお返しをする場合で、相手が縁起に良い悪いを気にする方でしたら、むしろ知っておいたほうが良いと思います。

 

自分の本気の想いを言葉で伝えても、お返しの品物がそれとは、真逆のメッセージでしたら、相手の女性は、不信感を抱く原因にもなりますから。

それでは、ホワイトデーのお返しお菓子の意味から考えるOKとNGについて、行ってみましょう。

ホワイトデーのお返しお菓子の意味の一覧 NG編

ホワイトデー お返し 意味 ハンカチ NG!

ハンカチは、縁起に良くないと言われています。

それは、ハンカチは涙を拭いたりするものですから、そこから発展して、別れるという悪いイメージがあるからです。

 

それとホワイトデーは、お菓子などの食品をお返しするのが一般的だと思いますし、ハンカチは贈り物としては、若干地味な感じがします。

マシュマロ NG!

マシュマロも、ネガティブなイメージを想起させるという意味で、お返しには不適当だと言われています。

 

マシュマロは、口に入れるとすぐに溶けて無くなってしまうように、二人の愛も溶けてしまうみたいだから、縁起に悪いと言われています。

 

次にマシュマロは白くて、包装紙にも見えなくもありません。

女性のバレンタインデーのお返しに対して、白い包装紙で、送り返して拒絶するイメージが出来なくはないです。

ホワイトデーのお返しお菓子の意味の一覧 OK編

バームクーヘン OK!!

バームクーヘンというお菓子は、見た目が、木の切り株に見えます。
木の切り株には、年輪が刻まれています。

 

そこで、木の年輪のように、二人の関係も長く続けられるように、という意味が込められています。

キャラメル OK!!

キャラメルは、ミルクが含まれています。
ミルクは、母性と密接に関係していて、安心感を想起させます。

 

そこから発展して、キャラメルを送ることで、「君と一緒にいると安心が出来るよ」というメッセージが込められています。

クッキー 無難

ホワイトデーのお返しの定番と言えば、クッキーです。

このクッキーですが、定番と言えば定番ですが、悪く言えば、当たり障りのない贈り物とも言えます。

 

特に、ホワイトデーのお返しが大変な男性にとっては、本命の女性とお友達の女性のお返しの品物のグレードは分けることになります。

 

さて、このクッキーに込められた意味ですが、「これからも良いお友達でいようね」というメッセージになります。

 

これは、クッキーは水分が少なく、食べやすいことから、気軽な関係と言うことになります。

ですから、本命ではない女性に対して、クッキーを送るのはOKだと思います。

 

他方、本命の女性に対して送るのは、「ひょっとして私は、その他大勢の女性の1人なのかしら?」と思われる可能性もあるので、注意が必要です。

キャンディ OK!!

キャンディは、他のお菓子と比べて硬いのが特徴です。

 

そのキャンディの硬い特徴から、硬い絆のイメージを想起することが出来ます。

これからもずっと長く付き合っていこうと言うポジティブなメッセージになります。

 

ただ硬いお菓子は、気軽に食べにくいものですから、好きではないという女性もいらっしゃいます。

送る際は、ワンポイントのお菓子として、言葉でメッセージを添えてみるのも良いと思います。

マカロン OK!!

マカロンはお菓子の中でも、高級感があり、実際値段も高めです。

マカロンは、ホワイトデー以外にも結婚式,退職,誕生日,内祝い等のギフト商品にもなっています。

 

ですから、マカロンを本命の女性に送ることで、「君は特別な女性だよ」というメッセージを無言で伝える事ができます。

金平糖  OK!!

金平糖は日本のカラフルな和菓子です。

 

金平糖は口に入れると、甘みが口の中で長く残るのが特徴です。

しかも、金平糖はお菓子の中でも、長期の保存が可能なお菓子です。

 

このことから、末永く甘い関係が続くという意味が込められています。

チョコレート 不安要素あり

ホワイトデーに、チョコレートでお返しをするのは、珍しくありません。

 

ただバレンタインデーの好意に対し、返品するというネガティブな意味に、感じ取る女性もいるので、注意が必要です。

ホワイトデーのお返しお菓子の意味の一覧 まとめ

以上、ホワイトデーで送るお菓子に込められた意味について、解説をしてきました。

 

今回の記事を読んで、「なんか不毛だな」と思われた方もいらっしゃるかもしれません。

 

しかし、それは違います。

こういう細かいところまでマメな人は、実際モテるのです。

そして、モテる人は職場でも、モテて、出世もします。

 

 

女性に限ったことではありませんが、人は誰でも、程度の差はありますが、他人の行動の意味や意図について、考えるものです。

 

ですから贈り物自体に、ネガティブなイメージを想起させるものは無いかどうか、考えるのは意味があることだと思います。

 

もしも、向こうがネガティブなイメージ(誤解)を抱いたのであれば、相手に言葉でメッセージを送り、誤解をとけばいい話です。

 

今回は、マシュマロ、ハンカチがNGの事例として紹介をしましたが、これは一つのものの見方(考え方)です。

相手が、ハンカチやマシュマロが好きであれば、送ること自体に問題はありません。

 

人間の営みは、全てコミュニケーション、と言っても過言ではありません。

ホワイトデーも、コミュニケーションの一環です。

 

コミュニケーションは、相手の気持ちを思うこと。

その観点から、今回の記事を参考にして頂ければと思います。