東京都内からわずか電車で一時間弱でハイキングが楽しめる高尾山。

高尾山は、標高がそれほど高くもないので、気楽に登ることが出来ます。

 

そして、ハイキングの他にも温泉やトリックアートの美術館などの楽しめる所がたくさん。

秋はケーブルカーの清滝駅前広場で紅葉まつりが開催され、紅葉の名所として賑わいを見せます。

 

そこで高尾山の紅葉の見ごろ、楽しみ方,注意点をご紹介します。

高尾山の紅葉の現在をライブカメラで確認する

高尾山紅葉の見頃はおおよそ例年決まっています。

しかし毎年、寒の入りは違います。

紅葉の見頃のピークの見事な紅葉を観たい場合は、高尾山の付近在住の方から情報を得るのが一番です。

 

王線高尾山口駅より徒歩3分に御食事処の高尾山 高橋家があります。

こちらのお店では、ウェブサイトで現在の高尾山麓の紅葉の状況を、ライブカメラで1分ごとに随時更新しています。→こちら

 

高尾山の紅葉の現在をライブカメラで確認をして、紅葉の見ごろを確認する上でとても参考になります。

高尾山の紅葉の例年の見ごろ

高尾山の紅葉は例年11月上旬から色づき始めて、11月中旬から下旬に見頃を迎えます。

高尾山は標高のある山地ということもあり、山のふもとと頂上では気温が違うために、高尾山の山全体でも、紅葉の見頃も違っています。

つまり気温が低い山頂上付近は紅葉の色づきが早く、ふもとは色づきが遅いということになります。

高尾山の中でも特に紅葉が美しい場所は薬王院と、ケーブルカー、リフトからの眺めです。

高尾山の紅葉の混雑回避方法

ケーブルカーやリフトからの紅葉は眺めは、美しいのですが、紅葉の時期には、待ち時間は1時間になることもあります。

出来ればあまり待ち時間を取られないで、紅葉を楽しみたいものです。

そもそも高尾山は、都心からも電車で比較的短時間でアクセスがしやすい立地にあります。

その分、一年を通じて観光客が訪れるスポットですが、その分混雑もしやすいという特徴にあります。

高尾山自体も混雑しています。

高尾山口駅から高尾山の山頂へのルートで空いているルートはありません。

紅葉の時期は1日で5万人の人の方が訪れます。


このように紅葉の時期は、かなり混雑をしますので、混雑が嫌でしたら、出来るだけ朝早く高尾山口駅に到着することをお勧めします。

もう一つは高尾山へのアクセスですが、京王電鉄を利用をすることをお勧めします。

電車ならほぼ定刻で到着しますし、紅葉の時期も、京王八王子駅からは高尾山口駅までは、行き帰りも座れるほどです。

逆に車はお勧めが出来ません。

車の場合、まず道路ですが、国道20号は町田街道付近で渋滞が始まります。

また、調布インターから八王子インターを経由して高尾までの区間も渋滞します。

京王線高尾山口駅にもは駐車場が5つありますが、これは紅葉の時期を時期を想定したものでは無いので、駐車はまず無理です。

高尾山の紅葉の現在のライブカメラのまとめ

高尾山は比較的低地の山ですが、本格的な登山のスタイルは必要というほどではありません。

 

ただ、油断せずに動きやすい服装と暖かい格好で行かれる事をお勧めします。

さらに、当日は雨が降る可能性もありますので、その準備をしておくことも重要です。

紅葉を見るならケーブルカーには乗るのは、外せないと思います。

高尾山口駅でルート案内のパンフレットを入手出来ます。

初めての方は是非貰っておくことをお勧めします。

ルートはいくつかありますが、稲荷山コースが人気があり、無難だと思います。

高尾山の関連記事

高尾山トリックアート美術館の入館料 料金割引クーポンのまとめ
高尾山薬王院の初詣 2018年 混雑状況と注意点
高尾山薬王院 節分 2018 芸能人のゲストと豆まきの時間を確認