うざい人の特徴 職場で嫌われるタイプ

性格

あなたの職場にも、うざいと感じる人はいませんか?
職場という場所は一日の大半の時間を過ごします。
できるだけ人間関係は良好にしたいですから、うざい人と思われたくないものです。
そこでうざい人の共通点や、うざい人への対処法を学んでいきましょう。

うざい人の特徴

親しくもないのに、プライベートなことを聞いていくる

うざい人の特徴を一言で言うと、相手の気持ちを理解するのが下手で、人間関係の距離を上手く取れない人です。
職場の同僚は、家族や友人、恋人では無いあかの他人です。
緊張感を保ちながら、接していく必要があります。

しかし職場での緊張感も、やはり一日中会社にいると、緩んでくることがあります。
そして、ついつい”なあなあ”の意識で接してしまいがちです。

職場は仕事をする場所です。
同僚との会話も、仕事に関することのみでも十分です。

うざい人は、親しくもないのにプライベートなことを聞いてくる傾向があります。
仮に長い間一緒に働いても、親しくなれない人には、プライベートな事は聞くのは遠慮するべきです。
相手の気分を害する可能性があります。
いきなり話をされた方としてははびっくりします。

例えば家や兄弟のこと、職歴、交際関係など。
それは仕事をするうえで、直接には関係がありません。

逆に相手と親しくなれた場合、親しくなれた分、相手のプライベートな部分と話せることになります。
職場の同僚と親しくなりたいのであれば、小さなことから相手と距離を縮める行動を始めましょう。

お金をたかる癖

同僚が退職したり結婚するという出来事のたびに、送別会やプレゼントをするという名目で、同僚からポケットマネーを徴収し始める人がいます。

本人自身が、自分だけでやればいいのですが、他人を巻き込んでいきます。
徴収するお金も500円ぐらいでも、みんな会社には、お金を稼ぐために来ているわけです。
これは女性に多いと思います。
職場の男性は、貴方の彼氏ではありません。

飲み会もお金と同時に時間も消費します。
飲み会のお金を浮かせるために、普段仲が良くない人を誘うのは遠慮するべきです。

いきなり高姿勢になる

こちらが低姿勢でハイハイ言っていると、いきなり豹変して高姿勢で接してくる人がいます。

「あなたは、こういうひとですよね。」
「次に、こうしてください。」
「あなたには無理でしょう。」

最初の面識は好印象な人なですが、なあなあで接してくるタイプです。

好き嫌いを口に出す回数が多い

誰でも好き嫌いがあります。
それを我慢したり、受け入れているから職場の秩序があるわけです。

しかし事あるごとに、人や仕事の内容についての好き嫌いの話をしている人は、うざい人に思われる可能性があります。
好き嫌いの話をしたところで、なにかが変わるわけでもありません。

話を聞いている方としては、うんざりしてきます。

指示が細かいわりには、指示の内容説明が具体的ではない

仕事を上手く進めるために、上司や同僚から指示をされることがあります。
うざい人は、細かい指示や注文が多いわりには、指示の内容説明が具体的ではないため、周りをイライラさせます。

香水の臭いがキツイ

職場の臭いといえば、男性ならば、体臭で、女性ならば、香水です。
男性の体臭というのは、生理なもので仕方がなく、周囲も諦めることができます。

ところが、臭いが強烈な香水はどうでしょう?
音ならば、遮音のツールがあります。
しかし、臭いについては、人間は呼吸を止めるわけには行かないので、非常に迷惑です。
香水をつけている人というのは、周りの人が見えていないのかなぁと思われる可能性があります。

異性で態度を変える中高年男性

ドラえもんの出てくるジャイアンのような性格の男性です。
男性にはパワハラ体質。
ところが、若い女性が来ると態度をころっと変えて、子犬のようにやさしくなる。
そして、飲み会で酔うとセクハラまがいのことを始めます。

まだ20代ならともかく、40、50代になっても、こういう性格は、傍から見てかっこ悪く見えます。
同僚の女性から、陰口を言われるタイプです。

いつもガツガツしている

仕事を一生懸命取り組むこと、それ自体は良いのですが、いつもピリピリしていて、イライラして怖そうな人(ガツガツしている人)は敬遠されます。

他人のちょっとしたミスや気に入らないことに対して、きつい口調で喋ったりする人は一緒に仕事をしていると疲れてきますし、もう一緒に痛くないと思われてきます。

一人の生身の人間である以上、働いているときに具合がわるいときや家族の事情で困りごとを抱えているときもあります。

ですからひたすら仕事のことだけを考えて、同僚の気持ちを考えない人は、うざい人だと思われるでしょう。

情緒不安定

会社内で情緒不安定な人だと思われる言動を何気なくしてしまう人です。

例えば

  • 普通に接していて、怒られる理由がないのに大声を出して怒る人
  • 電話を切る時に、叩きつけるように受話器を置く人

等の言動です。

周囲の人から見れば、不愉快で意味不明な行為ですので、うざい人だと思われます。

挨拶しても、無視をする人

朝の挨拶、就業中の会釈はマナーであり、常識です。

この時、何度も無視をされた人は、自分は嫌われているのかなあと思うのと同時に、相手を嫌いになります。

そしてこういう常識を守らない人が、会議の中でいろいろ話したとします。

しかし何度も無視をする人は、話の内容よりも嫌いな人が話していると思うようになり、うざい人だと認識されるようになります。