嵐山の紅葉2017の見ごろ,見どころや混雑状況とアクセス方法について

京都屈指の景勝地、嵐山は日本紅葉100選にも指定されています。

 

紅葉の名所といえば神社仏閣そのものが多いですが、嵐山は嵐山周辺の神社仏閣を含めた地域全体が観光スポットになります。

 

嵐山の観光地域は渡月橋周辺から保津川を越えて、天龍寺周辺の森になります。

神社仏閣内の紅葉スポットとは異なり、嵐山はエリア全体が観光スポットなので、見どころに困る方もいらっしゃると思います。

 

そこで、嵐山に紅葉を見に行く際の見ごろ、見どころ、アクセス方法、混雑状況をご紹介します。

嵐山の紅葉の見ごろ

見ごろ時期:11月中旬~12月上旬

色づき始め:11月中旬

紅葉する木の種類:カエデ、ヤマザクラ

嵐山の紅葉の見どころ

嵐山は、平安貴族の別荘地しても愛されて、源氏物語、嵯峨日記にも登場する歴史のある景勝地で、見どころが沢山あり、1日で全部を見るのは、混雑の時期には難しいと思います。

そこで嵐山の紅葉を見る際に、これだけは観ておきたいという4つのスポットをご紹介します。

渡月橋

嵐山の観光の顔と言うべき全長155メートルの橋です。

平安時代初期に、桂川南側にある法輪寺への通路として設けられた橋。

 

亀山上皇が「まるで月が渡っているようだ。」と絶賛したことが名前の由来。

天龍寺

足利尊氏公が後醍醐天皇の菩薩を弔うために建立した臨済宗天龍寺派の総本山。

夢窓疎石が作成した曹源池庭園や法堂の天井に書かれた雲龍図が見どころ。

曹源池庭園の池に映る水面も逆さの紅葉も綺麗です。

 

参拝時間:8時30分~17時00分

参拝料:500円

紅葉する木:カエデ、ツツジ、サクラ、ドウダンツツジ 、ハナミズキ

 

嵯峨野の竹林の道

天龍寺の北門からすぐ近くにある竹林の道。

高さ5~10メートルの竹林が400メートル続いており、美しい。

野宮神社

京都屈指のパワースポット。

縁結び、子授け、安産の神様である野宮大神が祀られており、年中沢山の観光客が訪れる。

嵐山の紅葉の混雑状況

嵐山の混雑の理由と車で来るのはお勧めが出来ない理由

嵐山は山や川の自然が豊かなスポットで、桜、紅葉、川下りを楽しめますし、また文化遺産の神社仏閣がいくつもあり、見どころや楽しめるところが多いです。

 

さらに嵐山周辺へのアクセスも充実しており、電車を利用すれば県外からも気軽に来ることが出来ます。

 

見どころや楽しめるところが多く、アクセスの充実しているとなると、当然混雑します。

 

アクセスとしては、車という方法もありますが、嵐山の混雑ぶりを考えると現実的ではありません。

 

自動車で来る場合、紅葉の時期になると高速道路の嵐山インターから降りたあたりから、既に渋滞が始まっている事もしばしばです。

そうすると、電車を利用をするのが無難です。

動きやすく暖かい服装で行くのがお勧め

嵐山に行く際は、動きやすい服装、暖かい服装で行かれることをお勧めします。

 

そもそも嵐山は自然に恵まれた山ですし、観光スポットが多いことからかなり歩きます。

更に人で混雑する分、人とぶつかって、転倒する可能性もあります。

 

それと渡月橋周辺は冷えます。

晩秋という事もありますので、長時間外に出ていますと、体が冷えます。

暖かい服装で、行きましょう。

嵐山の紅葉のアクセス方法

JR嵯峨野線 嵯峨嵐山駅

JR京都駅から6駅

阪急嵐山線 嵐山駅

大阪、兵庫からの方はこちらが便利だと思います。

京都線の桂駅から嵐山線に乗り換えます。

(お得な切符情報)

阪急阪神1dayパス

料金:大人1,200円 小児600円

京福電鉄・嵐山本線 嵐山駅

JR京都駅から嵯峨野線で、撮影所前で行き、嵐山本線に乗り換えて、嵐山駅へ。

(お得な切符情報)

京都・嵐山1dayパス

料金:大人のみ1300円

発売期間:2017.10月1日から12月24日まで

嵐電全線と京都バスの嵐山エリアが、1日乗り放題になります。

京都 地下鉄・嵐電1dayチケット

料金:大人のみ1000円

嵐電(嵐山本線・北野線)と京都市営地下鉄(烏丸線・東西線)が1日乗り放題です。

嵐山の紅葉のまとめ

嵐山は、黄色や橙色、赤と様々な鮮やかな色で魅了する紅葉のスポットです。

竹林散策や天龍寺、祇王寺、野宮神社も渡月橋から徒歩圏内にありますので、一緒に楽しんてきましょう。