清水寺の紅葉2017の見ごろ、ライトアップやアクセス、混雑回避するには

今年の秋はぜひ、清水寺の紅葉を見に行かれてはどうでしょうか。

特に清水寺の舞台から見える絶景は、本当に綺麗。

そして、ライトアップもぜひ堪能して下さい。

 

京都の清水寺は、年間500万人以上の人が訪れる人気の京都観光ランキング一位の観光地。

清水の舞台から飛び降りる」という有名な言葉や、世界文化遺産に指定されており知名度も抜群。

 

清水寺は枕草子、源氏物語などの日本古典文学にも登場しており、1000年の歴史があります。

そんな魅力が詰まった清水寺の

  • 紅葉の見ごろ
  • ライトアップの楽しみ方
  • 賢いアクセスや混雑回避の方法
    について紹介していきます。

清水寺の紅葉の見ごろ

清水寺について

営業時間 6:00~18:00
住所 京都市東山区清水1丁目294
拝観料 一般 300円、小・中学生200円

清水寺の紅葉の見ごろ

清水寺の紅葉の見ごろは、例年11月中旬から12月上旬です。

 

ただ、紅葉の見ごろは、例年若干の差があります。

紅葉前線という情報をテレビやネットでチェックが出来ますので、事前に確認をしておきましょう。

 

紅葉する樹々はモミジ、カエデ、サクラになります。

清水寺の紅葉のライトアップ

期間   2017年11月11日~12月3日
時間  18:00(開門)~21:00(受付終了)
参観料金 一般料金:400円  , 小・中学生:200円

昼の拝観が夕方5時で終わると、一旦閉門になります。

 

混雑をしない為のお勧めの方法は、夜間の開門の1時間に並ぶことです。

開門開始時刻に並ぶと、30分以上待たされることがあります。

 

もう一つのお勧めは、午後8時半を過ぎたあたりから、空き始めます。

お勧めは、21:00の受付終了直前の入場です。

 

ライトアップは22:00まで開催されます。

約1時間は観覧することができますが、30分もあれば充分に楽しむことが出来ると思います。

 

清水寺のライトアップでは、1本の青い光を見ることが出来ます。

これは、観音慈悲光と呼ばれ、観音様の慈悲の心を表現していると言われています。

 

清水寺には青龍伝説というお話があります。

これは観音様の化身の龍が夜に飛来しては、音羽の滝の清水を飲んでいくというものです。

清水寺の紅葉のアクセス

電車+徒歩で行く方法

京阪電鉄の清水五条駅から徒歩25分

清水寺へのアクセスですが、電車と徒歩のみで行くと時間掛かるのが難点です。

往復50分ですが、渋滞の可能性は無いので、体力に自信がある方なら、問題無いと思います。

バスを利用する方法

紅葉の時期には、京都駅から清水寺行きのバスがかなり増便されています。

と言っても、この時期は渋滞をしていますので、時間をロスする可能性があります。

  • 京阪電車祇園四条駅・阪急電車河原町駅から市バス207系統で清水道を下車して、徒歩10分
  • 京阪電車祇園四条駅・阪急電車河原町駅から京阪バス83・85・87・88・88系統で五条坂下車を下車して、 徒歩10分
  • JR京都駅から市バス206系統・100系統で、五条坂下車を下車して、徒歩10分

清水寺の紅葉の混雑を回避するには?

京都の紅葉の名所の中でも、清水寺が一番混雑しています。

混雑の程度を例えるならば、東京ディズニーランドの待ち時間ぐらいでしょうか?

 

そうなると、時間をずらして朝早く行くしかないのですが。

 

清水寺の開門の時刻は午前6時です。

しかし紅葉の時期には、もう既に開門の時点で100人以上並んでいます。

 

昼以降になると、もっと混雑をするのは、言うまでもありません。

夜間参拝の混雑具合も同じです。

 

混雑を回避する為に、

  1. 参拝する日を休日ではなく平日にする
  2. 参拝する時間帯を朝早くか、夜間終了間際にする

という方法があり、それは有効です。

しかし、ある程度の長い時間を待つ事を覚悟する必要があります。

清水寺の紅葉のまとめ

以上清水寺の紅葉の見どころや、アクセスや混雑状況などについて、紹介をしていきました。

清水寺までは、駅から歩いて行くのは時間がかかるので、バスの利用が一般的です。

 

しかしバスの中でも、清水寺の中でも混雑と待ち時間が避けられず、根気が必要になります。

ここで、注意するべき点は体調管理です。

 

京都の紅葉の見頃は、晩秋の時期ですが、以下の点は注意しましょう。

  • 寒い時期の外に長時間居ると、体力の低下を招きます。
  • 雨が降らないとは限りません。
  • 沢山の人がいますから、インフルエンザ等の感染症のリスクもあります。
  • 動きやすく、疲れない服装で行く。

 

計画と余裕を持って事前準備をして、体調管理にも気をつけて、清水寺の紅葉を楽しんできましょう。