南禅寺の紅葉の見どころを紹介 見ごろや賢いアクセス方法について

南禅院の紅葉の魅力と言えば、高さ22メートルからの三門の2階からの眺め。

南禅院内の紅葉全体や京都市街を360度、一望出来る貴重なスポットとなっています。

 

そして、南禅寺の見どころとしては、三門の他に水路閣や庭園の方丈も見てみたいものです。

そこで見どころ満載の南禅寺の紅葉の見ごろや、混雑しないアクセス方法についてご紹介していきます。


南禅寺の紅葉の見どころ

南禅寺について

南禅寺は、1291年亀山法皇(かめおかほうおう)が自らの離宮を禅寺に変更した事を起源に持つ寺です。

 

禅宗の流れを持つ五山文化(ごさんぶんか)の中心的な寺院です。

そして室町幕府になると三代将軍足利義満により、京都五山の更に上位の五山之上(ござんのうえ)に位置づけられました。

 

2階建ての重厚な三門やレンガ造りの水路閣(すいろかく)と言った建築物に加えて、紅葉や桜の美しさが魅力で、毎年多くの観光客で賑わいを見せています。

 

南禅寺の敷地は約4万5000坪。

紅葉の時期には約300本ものカエデが色付きます。

南禅寺の紅葉が観れる時間

朝は、午前8時40分から開催されています。

終了時間は、11月までは夕方5時、12月からは午後4時半までとなっております。

ただし、参観の受付時間は、拝観時間終了の20分前までとなっています。

南禅寺に行ったら是非やっておきたい4つこと。

  1. 高さ22メートルの三門からの眺め
  2. 方丈164面の壁に書かれた障壁画
  3. 水路閣での記念撮影
  4. 南禅寺の塔頭の紅葉の眺め

南禅寺の三門の紅葉を観る

三門について

三門は、京都三大門の一つである高さ22メートルの門です

別名、天下龍門とも言われており、国の重要文化財に指定されています。

五間三戸の入母屋造が用いられています。
現存する門は、1628年に藤堂高虎が大阪の陣の際に、徳川方として参戦し倒れた家臣の菩提を弔うために再建しました。

三門の参観料

一般料金は、500円です。

水路閣

古代ローマの水道橋をイメージして、明治時代に造成されました。

全長93メートル。水路閣の幅が約4メートルで、レンガ造りの疎水橋です。

こちらは、無料となっております。

記念撮影の人気スポットになっています。

南禅寺内の塔頭

南禅寺内の塔頭でも、紅葉はとてもきれいです。

  • 南禅院  参観料 300円
  • 金地院  参観料 400円
  • 天授庵  参観料 500円

南禅寺の 紅葉 ライトアップ

南禅寺の参観は、午後5時(12月は午後4時半)で終了しますが、天授庵では、ライトアップした紅葉を楽しむことが出来ます。

 

天授庵の室内から庭園を眺めます。

拝観時間 17:30~21:00(20:45受付終了)

拝観料:大人500円 

南禅寺の紅葉の見ごろ

紅葉する木はカエデになります。

カエデが色づき始めるのは、11月中旬ぐらいです。

 

11月上旬ですと、まだカエデの木々も青々していて、紅葉を楽しめると言う感じではありません。

従って、南禅寺の紅葉の見頃は、11月中旬から11月下旬となります。

 

12月中旬までは、見頃という人もいますが、見頃かどうかは、その年の天候に左右されます。

その年の冷え込みが例年に比べて早い年の場合、例年では見頃の時期でも、紅葉が枯れてしまう場合もあります。

 

ですから、11月中に南禅寺に行かれることをお勧めします。

南禅寺の紅葉への賢いアクセス方法

紅葉の時期の南禅寺への賢明なアクセス方法は、電車と徒歩です。

 

バスという交通手段もありますが、お勧めができません。

京都は紅葉の時期は道路がかなり渋滞しますので、貴重な時間のロスになる可能性が高いです。

 

南禅寺は、地下鉄の蹴上駅から徒歩で10分の距離にあります。

そして蹴上駅までは、JR京都駅から、地下鉄で行くことが出来ます。

京都には、烏丸線と東西線という2つの地下鉄があり、それを利用します。

 

まず京都駅から、烏丸線に乗り換えて、烏丸御池駅で降ります。
次に、烏丸御池駅から東西線に乗り換えて、4駅で蹴上駅まで到着します。