寒川神社の初詣混雑・駐車場 バスの時刻表・交通規制について調査

神奈川県寒川町にある寒川神社は年間約200万人の参拝者が訪れる神社。

参拝客が多いのは、全国唯一の八方除(地相・家相・方位・日柄などに起因するすべての禍事・災難を取り除き家業繁栄・福徳円満をもたらすご神徳)の守護神として高名だからです。

古くより関八州の守り神として、また江戸の正裏鬼門をお護りするお社として敬仰されています。

初詣の参拝者数は神奈川県内では2番目、また、日本で最も昇殿祈祷者が多い神社となっています。

ここ数年は神門には元旦から節分までねぶたが飾られていますが、とても迫力がありました。

寒川神社の初詣混雑・駐車場 バスの時刻表・交通規制について調査

アクセス手段は下記の通りにバス・電車・タクシーなどがあります。

  1. 電車 :JR相模線宮山駅から徒歩5分
  2. 車圏央道:《寒川北IC》から車ですぐ
  3. 駐車場400台:無料 ※三が日は駐車不可

初詣期間は周辺道路が大混雑して、渋滞で動かない状況になる可能性が高いです。

個人的には電車の利用が確実でベストだと思います。

最寄り駅は、宮山駅という駅を降ります。

寒川駅もありますが、宮山駅からが近いです。

駅を出てしばらく歩くと、お蕎麦屋さんが出てきます。

そこで売っている八福餅がとっても美味しいです。

寒川神社の売店でも売っています。

臨時バス 時刻表

臨時バスが毎年大晦日~正月の3日間のみ、寒川神社への初詣輸送の臨時直行便として運行されています。

所要時間は概ね25~50分。

直行バスの時刻表は下の図で確認できます。

寒川神社初詣期間の交通規制について

【交通規制】12月31日22:00~1月3日17:00

例年、寒川神社付近は初詣の方々で道路がかなり混雑します。

少々離れたところに町営の臨時駐車場(駐車料金1,000円・200台)が開放されていますが駐車場は日中の時間帯は満車状態のところが多い印象です。

さらに年末年始の初詣期間中は、寒川神社周辺の道路が一般車両進入禁止となるため臨時駐車場も含めて寒川神社の駐車場は利用不可となります。

以上、おクルマを利用するかたは初詣時は以上のことを鑑みて検討していただければと思います。

寒川神社 基本情報+豆知識

所在地 : 〒253-0106 神奈川県高座郡寒川町宮山3916
電話  : 0467-75-0004
主な神事: 国府祭; 浜降祭; 浜降古式祭武佐弓祭
例祭  : 9月20日
主祭神 : 寒川比古命(さむかわひこのみこと)
寒川比女命(さむかわひめのみこと)
ご利益 :家運隆昌、家内安全、無病息災、商売繁盛、五穀豊穣など

寒川神社とレイライン

  1. 寒川神社の真上を夏至、冬至、秋分の日、春分の日という太陽のエネルギーが変化するこれらの日すべてにおいて太陽が通る「レイライン」上に位置している。
  2. この日に参拝する人も少なくない。
  3. 東は上総國一之宮 玉前神社、西は富士山、伊吹山、竹生島、元伊勢、鳥大山が並ぶ。
  4. 寒川神社から見て、冬至の日没方角に二宮川匂神社・熊野大社、夏至方角に三宮 比々多神社・諏訪大社、参道の延長線に四宮 前鳥神社が位置している。