永平寺は1244年に道元が開いた曹洞宗の総本山。

ここでは世俗化されていない荘厳な修行寺の姿を見ることができます。

多くの修行僧が早朝の起床にはじまる「動の坐禅」といわれる作務など厳しい修行に励んでいます。

寺院の回廊、トイレや床や庭木の手入れや掃除など行き届いているのにはとても感動的です。

でも初詣の時期は雪が降って、とても寒い。

この記事では永平寺の初詣の参拝スケジュールをオススメの交通アクセス方法をご紹介します。

永平寺 初詣 2020 駐車場やバス運行状況を徹底調査。

永平寺 初詣 2020の参拝時間・スケジュール

除 夜 の 鐘 と ラ イ ト ア ッ プ

~永平寺「唐門」を通って初詣~

◆ライトアップ
令和元年12月31日 (火) 午後8時30分 ~
令和2年 1月 1日 (水) 午前3時
◆鐘つき体験(寂光苑)
令和元年12月31日 (火) 午後8時30分 ~
令和2年 1月 1日 (水) 午前3時

◆唐門開扉
令和元年12月31日(火)午後11時~

令和2年 1月 1日(水) 午前3時


新年になった瞬間、普段は通行することができない「唐門」が開扉され、
初詣をすることができるようになります。

永平寺伽藍もライトアップされ、幻想的な雰囲気を堪能することができます。

寂光苑では自由に鐘つき体験もやっているので、帰りに寄ってみてはどうでしょうか?

ただし永平寺の中は結構広いので、建造物の意味や役割などを少しでもネットで地図等リサーチしていったほうがいいです。

知識無しの状態で行くと、気づいたら裏山のハイキングコースに迷いこんでしまったりします。

それと駐車場やお土産店の勧誘が激しいとか。

オススメの屋台グルメは、永平寺そばと厚揚げの店らしいです。

それと修行中のお坊さんの写真撮影は禁止になっています。
参拝される時は、写真撮影のルールについてもチェックしておきましょう。

永平寺 初詣 2020の混雑状況 駐車場やバス運行状況

永平寺は、駅からは車で10分足らずで到着することができます。

しかし。。。

永平寺では毎年三が日に、大勢の方々が初詣に訪れています。

永平寺の周辺に初詣の時期になると、民間の臨時駐車場や、町営駐車場、公式の駐車場等が用意されていますが、初詣参拝者への対応には全く不十分で、使えません

その上この時期では、雪が振りしかもアイスバーンになっています。

そうなると車のスピードは低速になるので、渋滞で必至と考えた方が良いでしょう。

せっかくの大晦日に事故を起こせば辛いだけですし、駐車場を探しで時間をロスするのもつらいだけです。

つまり、よほどの土地勘に優れた地元民じゃない限り、車の利用は無理があると言えそうです。

 

そこでイチオシは、、福井市内から運行される臨時の路線バスに乗ることです。

福井駅に着けばすぐわかると思いますが、詳しくはバスの会社である、京福バスに電話して当日の状況を確認することをおすすめします。

TEL:0776-57-7700

永平寺 基本情報

所在地: 〒910-1228 福井県吉田郡永平寺町志比5?15
電話: 0776-63-3102
内容
寺格: 大本山
宗派: 曹洞宗
本尊: 釈迦如来・弥勒仏・阿弥陀如来
山号: 吉祥山
創建年: 寛元2年(1244年)

永平寺   アクセス

■ 電車・バス
えちぜん鉄道・勝山永平寺線「永平寺口駅」から、京福バス「永平寺門前行」または「永平寺行」に乗り換えて終点下車、徒歩5分。(バス乗車時間は約13分)

※ JR福井駅からえちぜん鉄道への乗り替えは、JR福井駅の東口が便利です。

特急 永平寺ライナー(京福バス)
福井駅から永平寺門前まで、直行バスが毎日運行しています。福井駅から永平寺門前までの所要時間は約30分。

■ 車
中部縦貫自動車道「永平寺参道IC」から約5km 所要時間は約10分。
※ 駐車場は永平寺半杓橋すぐ近くのコインパーキングをご利用ください。