広島県にある呉にある「亀山神社」は旧呉市内の総氏神として信仰されているから、初詣でも大変な人出で混雑します。

地元では八幡さんという 名前で親しまれてきました。

 

こちらでは「身代わりこけし」のお守りが人気。

交通事故防止のために毎年購入するひとが多いです。

 

神社は急な坂の上にあり、登りはしんどいものの、坂の上から眺めは最高!!

参拝者駐車場と二の鳥居の所からは、呉の町が一望できますよ。

造船所の大型クレーン、ドームの屋根が付いたフェリー乗り場、その隣の大和ミュージアムなどが一望できます。

亀山神社 呉市(八幡さん) 初詣の時間 2020 混雑状況

亀山神社  呉市  初詣 2020 の参拝時間

1月1日  00:00~22:00 初詣 諸祈願祭の受付(※奉納祭などの特別参拝がある場合もその間一旦受付を停止致します。)

1月2日  8:30~20:00 初詣 諸祈願祭の受付

1月3日  8:30~20:00 殿内の初詣 諸祈願祭の受付

 

1月4日~ 9:00~16:00 殿内の初詣 諸祈願祭の受付

曜日の巡りによって4日から8日頃までは、会社・団体での年頭安全祈願祭が続きます。

そのため特に午前中は殿内が混雑します。

時間の調整が可能であれば午後からの御参拝をお薦め致します。

亀山神社 (呉市)の初詣の混雑状況と車の渋滞状況

初詣期間の亀山神社(呉市)へのアクセス方法ですが、あまり便利では有りません。

車の場合、渋滞に巻き込まれるのと、電車の場合、徒歩で20分ほど歩きます。

 

正月三が日は境内の中だけではなく、周辺道路も混雑していています。

 

車を駐車場することも、参拝するのも時間がかかります。

特に駐車場は50台ほどの収容可能の面積しかありません。

さらに周辺道路では片側一車線に車が2列になり、黄色線の追い越しの違反者が続出しているようです。

 

大混雑なのと、交通マナーのトラブルにあう可能性があるので、車での利用は避けた方が無難です。

ただし、4日以降の平日になると、駐車場待ちの行列の解消される傾向があります。

 

以上車の利用のデメリットを考えると、電車の利用がお勧めです。

JR呉駅から亀山神社まで徒歩20分ほどかかりますが、車のように渋滞に巻き込まれた際のストレスがありません。

呉駅から多少歩くので、風邪を引かないように防寒対策をしてから出かけましょう。

亀山神社 呉市 (八幡さん) 基本情報

  1. 所在地: 〒737-0022 広島県呉市清水1丁目9?36
    電話: 0823-21-2508
  2. 別名  : 八幡様
    社格等 : 旧県社; 別表神社
    主祭神 : 品陀和気命; 帯中日子命; 息長帯日売命
  3. ご利益 :緒願成就、安産祈願、学業成就、交通安全
  4. 【歴史】大宝3年に現在の入船山公園に鎮座して、1300年余りにわたり呉町の氏神としてお祀りされている。
    明治になって海軍鎮守府が呉に置かれることが決まり、入船山から徒歩10分弱の現在の鎮座地に遷った。