44才の無職の長男を殺害 したエリートの元農水次官に対し東京地裁は懲役6年の実刑判決を下しました。

中高年の無職引きこもりが社会問題となる中で、殺害に及んでしまった父親に対する同情的な意見も多く、判決の行方が注目されていました。

この記事では、今回の判決へのネットの反応をまとめてみました。

熊沢英昭被告に裁判員判決 実刑懲役6年 元農水次官で長男殺害  ネットの反応

事件と判決の概要

熊沢英昭被告
東京都練馬区の自宅で6月、長男=当時(44)=を刺殺したとして殺人罪に問われた元農林水産事務次官熊沢英昭被告(76)の裁判員裁判で、東京地裁(中山大行裁判長)は16日、懲役6年(求刑懲役8年)の判決を言い渡した。

検察側は公判で、長男と同居を再開した5月に暴行を受け、殺害を考えるようになったと指摘し「強い殺意に基づいた悪質な犯行だ」とした。

弁護側は「殺すぞと言われ、自らの命を守るためとっさに刺した」と計画性を否定。発達障害があった長男を長年、献身的に支えてきたことなどを挙げ、執行猶予付きの判決を求めた。
熊沢被告は起訴内容を認めていた。

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191216-00000069-kyodonews-soci

判決に肯定的なネットの反応

「殺人罪 執行猶予」

この検索はまずいだろ。

計画性ありありじゃん 笑


「熊沢被告は親としての責任を果たしたと思う。」

求刑とこの判決はこの考え方が拡散することを防ぐためのものだと思う。

これを認めれば、問題のある子供を始末するのは親の責任だとのことになる。絶対認めてはならない。結構多数の日本人が好む「変な自己責任論」から出る感情で賛成出来ない。

事情を汲むべき点は多々あると思う。しかし、報道の内容が事実とすれば、最終的な行動自体は偶発的でも、被告は事前にその行動に出ることを予測していた経緯があり、完全な突発行動とはならないことも求刑と判決の理由だろう。


実刑は当然、同情するな!
死人に口なしですわ、息子さんが気の毒。反論できません、言いたいことは山ほどあったと思いますよ。お父さんは出世街道まっしぐらで家庭をほったらかし。親父らしいことやってもらってませんよ。抱きしめてもらったこともない、甘えたい時もあったはず。一緒にお風呂に入れてもらったことあるんやろか。思春期のおやじ不在は寂しいものがあったと想像できます。息子さんが気の毒すぎるわ。


次官退官後に、なんでチェコ大使になって家庭をお留守にしたんでしょうか?出世欲、名誉欲の塊でっせ。立派に天下りもしてるしね。
おやじとして、やるべきことやってませんわ。
死人に口なし。反論できない息子さんが気の毒すぎまっせ。

東大出の元次官だから世間は同情するけど、これが普通のサラリーマンだったらどおでしょうか。おかしいやろ。
実刑は当然、寛大すぎるわ。


息子さんは中学は進学校に入り、そこでいじめを受けたと、それから発達障害と判明したと他の記事で見ました。もし早い段階で障害に気づき、それに合った進路を見つけられたら違う道があったのでしょうか。とても難しい


熊沢被告を擁護する声が多すぎて怖くなる。
息子さんが100%悪いなんてことはなく、両親が100%被害者なんてこともない。
子育てにおける微妙なすれ違いやボタンの掛け違いの上で最悪な結果になってしまった。
発達障害や引きこもりに対する差別意識が無意識なのかもしれないがコメントに散見されており非常に辛くなる。
そして、息子も1人の人間で親の所有物ではない。殺してくれてありがとう、親の責任を果たした等の発言も悲しい。

こういう意識が結果的に結愛ちゃんや相模原の事件につながってるようで怖いです。


まあ妥当な判決だと思いますよ
マスコミは被告寄りの報道をしてたけど
逆に父親がDVしてて、それを息子が殺したら相応の量刑が出るでしょ


悪人が人を殺した基本中の基本通りでしかない。上流特別不当判決。相当金がばらまかれた。近所にも1万。全部嘘。1日にコンビニだけでも5回は行ってるのにどこが引きこもりだよ。物凄い情報操作。自殺とか未遂も息子別居してるし何の関係もない。殺される可能性ないし恐怖も大嘘。数十億持ってんだから逃げられるでしょ、もともと日本一の嘘つきで殺したいと思ってる人もごまんといる。こいつのせいで離農や自殺者まで出ているからその祟り。でてきたら、またやらかすでしょう。娘も自殺とは考えにくい。

 

判決に反対・疑問のネットの反応

一部のテレビ番組ては、裕福なんだから警察や相談所などに相談したほうがよかったのでは?や裕福なのに殺す以外考えられなかったのか?
のようにコメントしてる有名人などがいたが
「裕福なんだから」に違和感ありました。

殺しに、金持ち貧乏は関係ないと思います。


判決は、私は清原弁護士と同じで重い判決だと思いました。

私は、懲役4年執行猶予2年だと私は思いました


報道で伝えられる内容が真実なら、そこまで追い詰めた息子に90%の責任がある。
命の危険にさらされながら、身内であるがゆえに逃げ出すことも出来なかった被告が気の毒。
執行猶予付きか、せいぜい一年で十分。
殺人は絶対許されないなどときれいごとをいうなら、突きつけられた拳銃を奪って相手を殺しても罪を負わなければならなくなる。
被告一家は拳銃を突きつけられるような恐怖と何十年も向き合って来たのだ。
これは殺人ではない。
後付けでこうするべきだったなどと言っている識者面した輩は、恥ずかしいと思うべし。
被告は本当にどうすることも出来なかったのだ。


第三者がグダグダ並べる批評は所詮、他人事で有るが故の放談。
弁護士&裁判官&検事は精神を病んだ子供を同居させた場合の親の気持を何処まで理解出来たのか?。
結論的には被告に寛大な処置をして上げて欲しかった。


社会にとっての悪魔を親の手で抹殺したという点では求刑どころか勲章もんだと思うけど、結果こういう悪魔に育ってしまったというのは親の責任でもあるし・・・

管理人の意見

どうして家庭内部で抱え込んで、外部に頼らなかったのか?と疑問に思いました。
悲しい事件です。
幼少期、思春期のつまずきがきっかけになり、社会に出てからもうまくいかなかったのか。
被害者の妹さんも自殺。
つまずきは誰でもあるが、乗り越える方法を身に付けさせるのも大切です。
父親の社会的地位があると、子供は劣等感を感じやすいもの。
子育ちの段階でひとつの価値観にこだわったのかな。
逃げ場を作ることが重要です。