和歌山市にある紀三井寺(きみいでら) は、770年に唐の僧である為光上人が開基した寺院。

早咲き桜の名所としても知られ、和歌山における気象庁の標本木があります。

230段以上の階段の途中途中にお不動さまや観音様を祀ったお堂があります。

厄除け坂を上ると海も見えて景色が素晴らしいです!

本堂横からさらに階段を上っていくのも良いと思います。

伽藍はとても広い。

木造としては国内最大の千手観音の像などがあるります。

期間限定ですが、十一面観音立像、梵天・帝釈天像、御本尊十一面観音立像、千手観音立像などの像が特別公開されていることがあります。

またこのお寺からの和歌の浦を望む景色もまた、最高です。

紀三井寺 初詣の時間 2020 混雑や駐車場・屋台情報を調査!

紀三井寺 初詣 参拝時間

12月31日 8:00~17:00、
12月31日 23:00~1月1日3:00ぐらい

正月三が日は紀三井寺の参道に屋台が多く出店します。

かなり種類が多いので、いろんな屋台を巡っているとかなりお腹が膨れます。

正月三が日には屋台が多く出店しますが、4日以降は屋台の数が一気に減ります。

屋台グルメ目当ての方は、3日までに初詣に出かけましょう。

初詣期間は参道はお祭りのように盛り上がります。

 

ただし例年、大晦日から正月三が日の期間中に交通規制があります。

駐車場や周辺道路などで大混雑が予想されます。

ですから初詣に出かける時は、車の利用はなるべく避けて、電車などの公共交通機関で出かけましょう。

紀三井寺へは、JR紀三井寺駅から徒歩約10分ほどで到着します。

紀三井寺 階段登らない 方法

本堂は駐車場から少し離れてます。

勾配のキツい約230段の階段を登っていく必要があります。

特に雨が降った時などは足元が滑る可能性がありますので、注意が必要です。

長い階段で勾配のキツいという声は多く、足の不自由な方や足元が不安な方はリスクがあると思います。

そのようなとき、有料で上まで車で登るとい方法があるので、そっちのほうが無難だと思います。

 

紀三井寺 初詣 駐車場

残念ながら無料駐車場はありません。

紀三井寺では、自家用車で来られる方へ寺営の駐車場を用意しています。

駐車料金は、3時間で300円になります。

 

コインパーキングまでの道順ですが紀三井寺交差点から車で入っていきます。

JR阪和線を通過すると、左右にコインパーキングがあります。

車で来る時は線路手前の左側のコインパーキングが一番近く安いです。

そちらに、車を停めて、歩き始めると、紀三井寺護国院と書いた石碑に朱色の門が出てきます。

紀三井寺 基本情報

正式名称 紀三井山 金剛宝寺 護国院(きみいさん こんごうほうじ ごこくいん)
所在地  〒641-0012 和歌山県和歌山市紀三井寺1201
電話   073-444-1002
ご利益 縁結び

料金について

  1. 料金ですが入山料・駐車場は別料金です。
  2. 門の手前で、拝観料200円を徴収されます。
  3. 掛け軸500円、御朱印帳300円、御本尊のカラーのお御影200円になります。
  4. 特別公開されている像も別途お金がかかります。
  5. 御朱印は数カ所でいただくことが出来ます。