人に恵まれる人の特徴と5つのコツ

性格

人に恵まれる人には、どんな共通点があるでしょうか?
就職や仕事でも、頼れる人がいない人よりも、頼れる人がいるほうが有利です。
また人に恵まれる人のほうが、周りからどんどん情報が入ってきます。

人から誘されることで、たくさんの経験もできます。
人生を豊かにするためにも、人から恵まれる人の特徴を考えてみます。

人に恵まれる人の特徴

アンテナが多く、視野が広い

人は一人ひとり好き嫌いがあります。
好き嫌いの判断は感覚的な感情ですから、どんな人にも好かれる人は存在しません。
どんなに人気のある芸能人や有名人も、根強いアンチが存在します。
そして多くの人は自分の気の合う人だけで、固まろうとする傾向があります

しかし人に恵まれる人は、自分の関心や視野が広い傾向にあります。
自分の気の合う人だけではなく、合わない人にも関心を寄せます。

好き嫌いは誰にでもあります。

しかし子供のような好奇心と素直さを人一倍持っているのが、人に恵まれる人です。

自分から挨拶をする

人に恵まれる人は自分から挨拶をします。
挨拶をとても大事にしています。
元気の良い挨拶をされた方は、良い気分になります。
挨拶は、人の気分を変えるのです。

挨拶は、誰でもできる小さな行為ですが、人間関係でとても大きな効果がある行為です。

小さな親切を積み重ねる

人に恵まれる人は、挨拶に限らず、ちいさな親切を大事にします。
まめに人と連絡を取ります。

どんな人でも、急に体調が悪くなったり、仕事で困ったり、不満でイライラしていたりなど、その人の状況は刻々と変化します。
そんな時に、声掛けをして、人に話しやすい雰囲気をつくるひとは、声を掛けられた相手に印象に残るものです。

ふだん親しくしていない人の小さいな親切ほど、相手は意外と覚えているものです。

返報性の法則という心理学の用語があります。

人に何かをしてもらった人間は、お返しの行為をしたくなるという法則です。
そして何度も何かをして貰った人ほど、その人のために何かをしたという気持ちになっていきます。
こうして、自分から小さいな親切を積み重ねる人は、人に恵まれる人になっていきます。

勇気を示す

小さいな親切の行為も、拒絶されることも珍しくありません。
どんないい人でも、悪口は必ず言われます。

人に恵まれる人は、いつもと言っていいくらいプラス思考です。
そして、勇気があります。

人から拒絶したり新しいことにチャレンジすると、失敗することが多かったりします。
しかし人に恵まれる人は失敗を恐れません。
なぜなら、勇気が人一倍あるからです。

勇気を示す人は、たとえ失敗しても評価されます。
仕事での失敗は、その損害は大きいですから、なかなか誰にでもできるわけではありません。
しかし、人間関係のちょっとした勇気を沢山示す人には、次第に人が集まってきます。

行動が早く、率先的

また実際、日本社会では世間の目を気にして、行動に移せない人が多いのが実情です。
どんな良い思いも、考えているだけで行動で示せない人は多いものです。
多くの人は、世の中が美辞麗句に溢れている現状にうんざりしています。

ですから行動で示せる人には、人は集まってきます。

また仕事ではすぐやる人は評価されます。
職場には沢山の人がいます。

管理職の上司からすれば、すべての部下に目が行き届くことは難しいです。
その際に、いつも仕事をすぐやる人、率先的な人は良い意味で上司にも、同僚にも目立ちます。
ですから行動が早く、率先的なのは仕事で高評価につながりやすいことになります。

行動に一貫性があり、裏表がない

行動が早く、率先的であっても、言動に一貫性があることが大事です。
時流に流され、どんどん方針が変わる経営者や営業マンの話には、信用ができない人と思う人が多いと思います。

人間関係でも、自分の考えをコロコロ変える人は、相手としても、付き合いづらいと思われます。
人の考えはどんどん考えるのは普通ですが、それをむやみに口に出して、相手を混乱させないようにしましょう。

また、裏表がないがないことも重要です。
具体的には、陰口や人のちいさな失敗を言わない事です。

会話の席で、頻繁に陰口を言う人には、会話の相手方としては、自分も陰では同じように言われていないだろうか?と疑いようになります。
仮に批判をするとしても、簡潔短めに、言葉を選んでいうべきです。
また人を批判するときは、本人の前で率直に言うのが、適切な方法かと思います。