仕事を早くする人、終わらせる人の特徴

仕事が早い人になるためには、どうれすればいいでしょうか?
与えられた仕事の処理が早ければ、それだけ優秀ということになります。
さらには早く家に帰ることができます。
この記事では、仕事が早い人の特徴や共通点を明らかにして、仕事を早く終えるためのコツを紹介していきます。

仕事を早くする人、終わらせる人の特徴

作業時間よりも作業量

仕事が早い人は、仕事の評価とは作業時間よりも作業量であると認識しています。
勉強と同じでダラダラと長い時間やるだけでは勉強にならないのと同じです。仕事の成果=作業時間ではありません。

短い時間であっても、与えられた仕事を終えることに意味があるという考え方をしています。
つまり、仕事が早い人は、そもそも仕事を早く終える事に関しての意識が強いことになります。

早起きで始業準備が早い

仕事が早い人は始業準備も早い人が多いです。
さらに午前9時から始業の場合、仕事が早い人は仕事のスタートダッシュも早く決めます。

一日の人間の集中力やエネルギーには限りがあります。
そして、そのエネルギーが一番発揮されるのが午前中です。

午前に仕事のスタートダッシュができる人は、早起きで会社にも早めに来て、始業準備も早いです。
始業準備を早めに行えば、精神の集中させることもできます。

イチロー選手は、準備運動をすることで有名ですが、
スポーツ選手も試合でのパフォーマンスも、試合前の練習があってこそです。

整理整頓

仕事が早い人は、整理整頓や掃除に一生懸命です。
整理整頓が上手い人は、仕事で無駄な動きもありません。机の上の整理整頓ばかりではなく、PC内の情報管理や頭の中もきれいに整頓されています。

ブレずに 余計なことを考えない

完璧主義の人に多いのですが、仕事の進め方について、いろいろな方法があります。
また仕事の進め方について、考えればいくらでも考える事もできます。
しかし、余計に考えることは時間のロスに繋がりますし、かえって仕事も進みません。

仕事を早く進めるためには、
・判断をする機会を減らして、いかに考えなくて済ますのか。
・余計な動きを減らすことができるか。
これが、仕事が早い人の考え方です。

ストレス対策が上手

仕事をしていると、さまざまなストレスがあります。
ストレスは、集中力を下げて、仕事のスピードを落とします。
それどころかストレスは、心身の健康状態に悪影響を与えます。
どんなに有能な人でも、ストレスのある状態では、良いパフォーマンスを発揮できません。

仕事が早い人は、ストレスへの対処が上手い人です。
自分が変えられるものだけに着眼して、そうではないものに対しては無視をして、一意専心で仕事に臨みます。

運動をしている

30代以降になると、徐々に体力が落ちて、三大生活習慣病の病気になりやすくなります。
三大生活習慣病の原因の一つとして、肥満が挙げられます。
肥満になると、動きにくくなり仕事のパフォーマンスも落ちますので、良いことがありません。

またストレス発散の最大の方法は、運動です。
運動をすることで、肩こりも改善しますし、仕事以外での人間関係もできています。

業務改善を行っている

仕事が早い人は、会社内の公式の作業フローに加え、さらに自分なりの作業フローを確立している人が多い容易に思います。

仕事ができる人は、毎日仕事をこなすだけでは満足しません。
業務改善のための判断を、毎日繰り返して行って考える人が、仕事の早い人ということになります。

失敗しても気持ちの切り替えが早い

仕事で多くのチャンレンジをしていると、失敗が多くなります。
その際に怒られたり、人間関係の軋轢も生じるのが通常です。

そして、くよくよと考えて手が止まってしまう人も少なくありません。

しかし仕事の早い人は、良い意味で失敗を流すことが上手い人です。
どんどん行動する人です。

大半の人が自転車に乗れるようになれるのは、何度かころんだ後に徐々にコツを掴んだからです。
一回も転ばすに自転車に乗れるようになった人は普通はいません。