いじめられる人の特徴や理由と、解決方法について

人間関係

いじめられる人にはどんな特徴や理由があるのでしょうか?

この問題を考えていくことはいじめに遭う人が、どうすればいじめから逃れられるのか?といういじめの予防をする上で役立ちます。
また、いじめ問題全般を考えるにあたっても有益だと思います。

いじめられる人の理由や特徴

社会的弱い立場がそもそも弱い

いじめれられる人の多くは、社会的弱い立場の人です。

例えば
・ルックスや見た目が魅力的ではない人
・スポーツができない子供
・人間関係が苦手な人
・貧困状態にある
・低賃金で雇用が不安定な非正規雇用者
・外国人、LGBT等のマイノリティ
・障害者
・ホームレス
と言った人です。

人は人間関係の選択にあたって、自分の損得を考えます。
特にお金持ちや有名人でしたら、自分にメリットが有る可能性があります。
そういう人とは自分が付き合う相手に、メリットがある人とはつながっていたいと思います。

逆に付き合っても、一切メリットが無さそうで、かえって苦労しそうな人とは、付き合いたいとはなかなか思いません。
ですからそのような人が近寄ってくると、排斥の対象となり、いじめの対象になる可能性があります。

また人はだれでもプライド(自尊心)と上昇志向があります。
今の自分のスペックや生活よりも上に行きたいと思うため、人生で努力をしています。
そして自分より下だと判断する人に対しては、努力が足りないと考え軽蔑するのです。

こうして軽蔑の感情は、大半の人がもっているために社会的弱者はいじめの対象になりやすいと考えられます。

よくいじめられる人にも責任があるという意見を聞きます。
しかし、そういう人は社会的格差の問題や社会的弱者の問題を無視しています。
つまりいじめは、本人の責任や原因で生じるわけではないし、また解決できる問題でもない側面があるということです。

コミュニケーションが苦手

いじめられる人は、コミュニケーションが苦手で孤立している人が多いです。
コミュニケーションが下手ですと、一緒に仕事をしたりプライベートで付き合ったりしていても、
楽しくありませんし、仕事でも支障が出てきます。

そうなると、相手に余計なストレスを与えてしまい、徐々に嫌われていきます。

コミュニケーションが苦手な理由は、そもそも人間関係が乏しいからだと思います。
そして人間関係が乏しいのも、先に述べた社会的弱者であることと大いに関係しています。

つまり社会的弱者ほど、孤立してコミュニケーションが乏しくなる結果、コミュニケーションが苦手になっていきます。
特に病気持ちや外国人、LGBT等のマイノリティでしたら、安易に自分自身のデリケートな情報はなかなか話せないと思います。
外国人、LGBT等のマイノリティの場合、ネット上でも誹謗中傷や偏見も多く、安心できる空間が足りないのが現状です。
そうなると次第に口ごもるようになっていくのです。

必要以上に相手に気を遣う

いじめられる人は、不自然な程に我慢することに慣れています。
なぜいじめる人に我慢ばかりしていて。反撃しないのでしょうか?
それは、必要以上に相手に気を遣っているのです。

必要以上に相手に気を遣うのは、対人恐怖症の傾向があります。
対人恐怖症の人は、自分の行動がどう見られるのか、いちいち気にする癖があります。
しかし本人には、必要以上に相手に気を遣うという自覚ができていません。

職場でいじめられるタイプの特徴

職業選択において、自分には無理な仕事を選んで就職した場合、職場では混乱が生じます。
一人のミスが、職場全体の業績に悪影響を与えてしまいます。
そして明らかに仕事ができない人には、仕事の現場では、やめてもらいたいと思うのが実情です。
このことが職場いじめの原因になります。

仕事選択は、自分ができることをするのが鉄則です。
よく考えて、仕事を選ぶべきだと思います。

いじめられる人への解決方法

いじめられる人は必要以上に我慢をすることに慣れています。
しかし思考が狭まっていて、考える力が弱まっています。

自分一人だけで考えていると、どうしても仕事や勉強方法の選択などで失敗しがちです。

またいじめられる人は、人に助けを求めることに恥じらい気持ちがあります。
そうすると自分の異なる意見を聞くことができません。

それではいじめられる人にはどんな解決方法があるのでしょうか?

一昔前なら別ですが、現在はインターネットがあります。
・インターネットで情報収集ができますし、
・コミュニケーションの方法を知ることもできます。
・各種相談機関に電話をすることができます。

SNSもありますが、匿名のメディアですので注意が必要です。

インターネット活用がうまくなれば、今自分が学校や職場で受けている世界よりも、ずっと広い世界があることに気づくはずです。
テレビや新聞、学校や本で学べることは、限られています。
インターネット上では、多種多様な人が情報発信をしていますので非常に勉強になります。

また、貴方もブログを書いたりと情報発信して、人と徐々につながっていってはどうでしょうか?
きっと希望を持って生きることができるかと思います。
いじめられる人は、基本的に消極的です。
消極的を改善して、積極的になれば、人の目はだんだんと変わっていきます。
ぜひ、新しい一歩を踏み出してください。