風都探偵 第1話で明らかになった事と考察 ネタバレと感想

第一話で明らかになった事実と風都探偵の時系列

仮面ライダーWの世界観を忠実に再現

 

風都探偵の第一話は、仮面ライダーWとよく似た展開でした。

 

まず1ページ目で、殺害シーンの場面があります。

2ページ目からは、風都の風を浴びながらの左翔太郎の風都タワーを見上げるひとり語りは、ハードボイルドを彷彿させます。

 

次に探偵事務所に戻ると亜樹子に、スリッパで頭を叩かれるシーン。
そして依頼人の登場です。

フィリップの手を借りずに一人で解決してみせると言い、調査を進めて行きます。

 

しかし結局は危機に陥る事に。。
その瞬間、フィリップが現れるシーン。

 

これって、W(ダブル)の1、2話そのままですよね。

つまり風都探偵は、限りなく仮面ライダーWの世界観を忠実に再現していると思いました。

風都探偵の時間軸

ただ、風都探偵は、時系列的に、仮面ライダーWの最終回終了の後のストーリーです。

 

明確な変化がありました。

それは、亜樹子と照井が結婚していたという出来事です。

 

という事は、もっと正確に言えば、時系列は、照井竜と亜樹子の結婚式シーンが描かれる
劇場版、仮面ライダー×仮面ライダー オーズ&ダブル feat.スカルMOVIE大戦CORE

の後だと考える事ができます。

考察1 風都探偵で、仮面ライダーやドーパントは登場するか?

最初のシーンは、風都タワーをビルの屋上から眺める翔太郎の後ろ姿です。

仮面ライダーWのOP(オープニング)では、変身後のW(ダブル)の姿であり、ここが微妙に違います。

第一話では、翔太郎とフィリップはダブルに変身しませんでしたし、ドーパントも登場しませんでした。

ガイアメモリらしきものは、登場しましたけれど。

 

ただ管理人は、仮面ライダーもドーパントも登場すると思っています

これは、仮面ライダーwの関連グッズが今でも売れているからです。

 

仮面ライダーwはコアなファンが多い。

もっと、大胆な予想をすると、実写化は難易度が高いとしても、この先ゲーム化、アニメ化も十分にあり得ると思っています。

考察2 風都探偵での敵側は誰か?

”ときめ”という女性は尋常じゃない身体能力について

第一話でドーパントに変身するであろう人物は、”ときめ”と言う若い巨乳の女性。

夜間にも関わらず、露出した服で一人で歩いては、男に声をかけ誘い、物を獲ったり、殺害している。

 

気になるのは、”ときめ”と言う女が普通の人間とは思えないこと。

 

夜の港で、”ときめ”を不審に思った翔太郎が、追いかけてみると、女の走るスピードが速く、しかも海に向いそのまま消えてしまう。

 

もしかして、飛び込んでしまったとか。

そうだとしたら、もはや普通の人間じゃない。

NEVERと財団Xが登場するのではないか?

ここで、私が思い出したのが、NEVER。

 

仮面ライダーWでドーパントに変身した大半は、一般人でした。

しかし、例外がありました。

 

NEVERという人間の死体をか科学技術を使い、蘇生し強化した生物兵器の事。

 

NEVERは、劇場版仮面ライダーw 運命のガイアメモリ AtoZに登場しました。

またテレビ本編では、ユートピアドーパントに変身した加頭順もNEVERでした。

 

園咲一家が率いるミュージアムが崩壊した今、ガイアメモリ研究をしているのは、NEVERも研究していた財団Xである可能性が高いと思います。

管理人の予想

そうすると風都探偵の敵側は個人的に、次の展開を予想しています。

  • 尋常ではない身体能力を有する”ときめ”という女がNEVERであるということ。
  • そして、財団Xも登場してくる事。
  • ということは、風都探偵での敵側は財団Xではないか

ということですが、どうなのでしょうか?

終わりに

今回の考察は以上となります。

読み返すたびにまた、何らかの発見があるかもしれません。

 

その時は、また改めて記事を書きたいと思います。