コーヒー&バニラ 4話 感想、ネタバレ 4杯目初デート&エスパー

コーヒー&バニラ 4話 初デート&エスパー

深見の手料理

軽井沢の別荘で、深見と初夜を過ごしたリサ。

前日から、キスそして、ふたりだけの夜。

 

 

目が覚めたリサ。

深見が遠くから呼んでいる。

着替えをしたリサはキッチンへと向かう。

 

すると、深見が調理した料理が。

椅子に座って一緒に食べるリサ。

すると深見がスプーンでリサの口元に、「あーん」と言う。

レストラン

デートに向かうよ、リサは深見について行く。

二人の向かった場所。

とある料理店。

 

お店の店長が深見に親しげに話しかける。

どうやら知り合いのようだ。

そして、深見は、見晴らしのよいテラス席にリサを連れていく。

 

かっこよくて、料理もできて、こんな事がサラッとできる深見さんって、どんな人なんだろう?

そして、どうして私を好きになったんだろう?とリサは不思議に思う。

 

深見は考え込んでいるリサに質問をする。

何を考えているの?

 

自分の心の中をサトラれてビクッとしたリサは、深見のことをエスパーみたいだという。

 

リサ:「深見さんは、私のどこを好きになったのかなあと思って?

深見:「ピュアなところ、自分とは感性が違う所、かなあ?」という

結婚式会場にて

二人は食事を済ませた後、軽井沢の街を散策する。

すると、結婚式会場が二人の目に入る。

リサ、ココロの中で、いつは私たちも。

 

と思った瞬間、深見は「俺たちも。」とつぶやく。

そして、リサの左手の薬指を取り、指輪をつける。

 

深見:ちょっと気が早いけど、他の男がつくのがいやだから。

もう、幸せすぎて、リサは夢なら覚めないでと思う。

帰りの車の中

もう、終わりなのね。リサは寂しく思う。

深見「大事なことを忘れていた。

 

深見はリサにキスする。

そして、深見は自宅の合鍵をリサに渡す。

 

合鍵、それはいつでも深見と会える証。

深見:合鍵、今日からでも使っても欲しいけれど。
リサ:良いんですか。

深見:(もちろん。)

 

(終)