コーヒー&バニラ 2話 感想、ネタバレ 2杯目ビター&コール

コーヒー&バニラ   2杯目ビター&コール

大学に向かうリサ

出会ったイケメン男性と初日から、デートと初夜を過ごした二人。

そして、熱い抱擁とキス。

深見は、仕事は有給休暇を取り、リサの大学の授業が始まる夕方まで二人まで過ごす。

そして、リサは深見の車で大学のキャンパスに向かう。

 

高級車から出てくる高嶺の花のリサ。

深見に買ってもらった服で更にキレイになった姿を、羨望の眼差しで眺めている大学生たち。

 

リサと別れ際に、また連絡するよ。と連絡する深見。

私がこんな素敵な男性を付き合って、良いの?と疑問に思うリサ。

帰宅後のリサと、隣人との会話

大学の授業が終わったリサは、帰宅後、電話で連絡をするが、繋がらないし、向こうからも連絡がこない。

こうして、一週間が過ぎた。

 

翌日、リサと仲が良いアパートの隣人と昨日の出会いについて、喫茶店で相談する。

隣人は、リサが深見に遊ばれている可能性を示唆する。

 

絶対に騙さえていると思う、話がうまく行きすぎていると。

 

そうかな~と考え始め、落胆するリサ。

 

しかし、もう一度深見に電話をしている。

今度は繋がったものの、リサは、ひょっとして今まで騙されていたのではないか?と心配になり、電話を切る。

喫茶店を出る二人。

深見との再会

すると、後ろから深見がリサを抱きしめてくる。

深見「会いたかったよ。あんな、声を聞いて、来ないわけがないから。」

アパートの隣人と別れて、リサは深見の車に乗る。

 

 

車の中で、キスをする二人。

深見「会いたかった

 

 

深見は、明日は仕事を休むという。

そして、リサに「このまま、さらっていく。覚悟してね。」と言う。

車のカーナビに表示された目的地は軽井沢だった。