午前0時、キスしに来てよ 9話 感想 ネタバレ

いよいよ夏休みが到来。

 

日奈々の幼なじみの彰は、日奈々にバンド活動に専念すると話すが、

 

自分の本心(日奈々の恋心)を切り出せない彰。

 

彰は日奈々に「今度、隙を見せたら、攻めて行くことにする。」と意味深な発言をする。

 

 

成績優秀な日奈々は夏休みの宿題を3日で終える。

 

 

後は、家事や妹のすずを世話をするだけの暇な日々なのかなあと退屈に感じていた。

 

 

その時、メールが届く。

 

 

楓のメールかと期待をしたのだが、知らないアドレスだったので、不安になり放置をする。

 

 

気分転換をするために、街をぶらぶら歩いていたら、偶然にも楓を出くわす。

 

 

楓は次の現場に行くために、暇な時間がある。

 

 

シャワーを浴びる予定があるので、自宅に一緒にの来ない?と日奈々を誘う。

 

 

シャワーを浴びた楓の髪をドライヤーで乾かす日奈々。

 

 

まるで新婚夫婦のような二人。

 

 

その後、二人は、楓が出演したトーク番組を見る

 

 

ゲストで楓が登場。

 

自宅にペットの犬がいて、その名前はナナ

 

「本当にかわいい。大好きだ。」と話す。

 

 

楓は番組の収録後、マネージャーの茂にひどく怒られた事を話す。

 

 

その後、楓が

「キスをする予定をしていたよね?」という話を切り出す。

 

舞い上がる日奈々。

 

日奈々もめをつぶり、口を近づけた瞬間。。

 

 

マネージャーの茂から静止される。

 

日奈々は、まだ女子高生。

 

 

トップスターが未成年である女子高生と交際をすることが発覚するとなれば、単なるスキャンダルにとどまらない。

 

楓はマネージャーの茂から、

 

さっさと次の仕事の準備をしろ

と注意をされて、日奈々も楓の自宅を出る。

 

 

帰宅途中、サングラスを掛けた見知らぬ人物から声を掛けられる。

 

 

その人物とは、Funny boneのリーダー充希だった。