宝登山神社(ほどさんじんじゃ)は、秩父神社、三峯神社と共に秩父三社の一つ。
日本武尊が神武天皇を祀ったのが始まりとされます。

創建から1900年を越える、由緒正しき神社。
極彩色の彫刻が美しく、見応えがあります。
御神体も特徴的。
三峰神社と同じく、狛犬というよりオオカミに似ています。
もともとは紅葉の名所です。
近年はパワースポットとして人気が高まり、年間を通じて混雑をするようになりました。
特に年末年始は初詣客で、いっぱいです。
この記事では宝登山神社の初詣時における混雑の時間帯や駐車場について、紹介していきます。

宝登山神社 初詣 混雑の時間や駐車場

宝登山神社では、元日午前0時より歳旦祭がはじまります。
境内にはかがり火を炊いて、花火を打ち上げ、宝登山の湧き水(神水)を供えます。
神楽殿では神楽が奏でられ、荘厳な雰囲気に包まれます。

また宝登山神社では、元日から15日まで新年開運祈願祭を行っています。
事前申し込みが必要です。
ご神前にて神職がお祓いを行い。年頭の祈願をしてもらえます。

新年開運祈願祭の受付時間
12/31   22:00~0:00
1/1    0:00~18:00
1/2      8:00~17:00
1/3    8:00~17:00
1/4~   8:30~16:00

宝登山神社は敷地がかなり広いです。
駐車場の他に売店、喫茶店。
さらには宝登山小動物公園が近いです。

駐車場のスペースも多いのはありがたいです。
宝登山神社参道に参拝者用の無料駐車場があって、長瀞駅周辺にも有料駐車場が多数あります。
年末年始は駐車場も混雑しますが、満杯になって待ち時間が長くなるというほどではありません。
むしろ、宝登山神社へ向かう周辺道路で、毎年渋滞が発生してます。

正月三が日初詣の参拝ですから、基本的に待ち時間があります。
ただし参拝の待ち時間よりも、道路の渋滞のほうがきついと思います。
ですから、時間にゆとりをもって、早めに出発するのが良いと思います。

電車を利用した場合、秩父鉄道長瀞駅から徒歩10分。
駅前から無料バスがでていて、ロープウェイ乗り場まで行くことができます。
ロープウェイは1時間に2回のペースで運行。
料金は大人片道420円。

ロープウェイを使わずに歩いて、登ることができます。
徒歩で1時間ほどかかります。
奥の稲荷に向かう道は滑りやすいので注意が必要。
靴はスニーカー等の動きやすい靴をお勧めします。

関連記事

三峯神社 初詣の注意点 混雑と駐車場状況

秩父神社初詣の注意点 混雑と駐車場状況