滋賀県大津市にある日吉大社は、全国3800余の分霊社(日吉、日枝、山王神社)の総本山。
比叡山守護、京都の表鬼門鎮座の由緒ある官弊神社になります。

ここは入苑料が必要で、料金は300円になります。
苑内は国宝・重要文化財の建物が多数。
境内はかなり広く、西本宮・東本宮など見て回るのに時間が掛かります。

猿が神さまの使いとのことで、境内には「神猿」様が飼われており、お守りも猿の可愛いオブジェのお守りが人気があります。 

日吉大社 初詣 2019 参拝時間と混雑

大晦日・元日(1/1)

初詣の参拝時間は112/31の23時に開門されます。
通常は閉鎖している西本宮本殿内陣の扉が開放されて、その拝殿で能「扇」が奉納されます。

この時間帯は、拝観料は、朝の7時までは無料。
7時以降は、通常料金に戻ります。

1/1の0時~18時頃まで拝観することになります。
また、日吉大社では、元日(1/1)の午前5時から大戸開神事という祭事が行われます。

そのため、日吉大社では、大晦日から元日は終日混雑しています。
参拝するための待ち時間は長く、1時間から2時間ぐらいになります。

ただ日吉大社は、境内がとても広いという特長があります。
待ち時間は長くても、それほど窮屈な思いはしません。

1/2・1/3以降

1/2以降は拝観時間が9時~16時30分戻ります。
1/2は平日のお昼ぐらいまで、混んでいます。

ただ、早朝は初詣への人出が日中よりも少ないです。
正月三が日に初詣を済ませたい方は、三が日の早朝に参拝されることをお勧めします。

日吉大社 初詣駐車場

日吉大社の中に無料の駐車場がありますが、50台分しか駐車ができません。
なお駐車場や敷地内の道は砂利でかなり走りにくいです。
また、駐車場はそんなに広くないですが境内の中は広いので、歩きやすい格好で行った方が良いです

そのため、臨時駐車場がオープンしています。
・一つは、ケーブル坂本駅周辺。
・もう一つは、日吉大社から徒歩10分の距離にある大津市大宮川観光駐車場。

ただ、臨時の駐車場も毎年満杯になっていて、30分以上待つということにもなりかねません。
早めに家を出発することをお勧めします。

お勧めのアクセス方法

お勧めのアクセス屋台方法は、ゆっくりできる電車・バスかと思います。

  • JR湖西線 比叡山坂本駅(徒歩20分)
  • 京阪石山坂本線 坂本駅 (徒歩10分)

※JR比叡山坂本駅前にはタクシー・バス乗り場があります。

京都駅より比叡山坂本駅までの所要時間は20分ほどです。

日吉大社所在地:滋賀県大津市坂本5丁目1-1

日吉大社 初詣 屋台

初詣といえば、屋台グルメが楽しみという人も多いと思います。
日吉大社でも、正月三が日の間は屋台が出店しています。

焼きそば、甘酒等の定番グルメをはじめ、ご当地のb級グルメまで沢山。
屋台は、三が日を過ぎますと、ほとんど店を閉めてしまいます。

また日吉大社は境内は広いですが、お手洗いは多くありません。
出かけるときに済ませておきましょう。
なお、臨時駐車場にもトイレがあります。

管理人のmemo

境内の石垣は大阪城などでも重用された穴太衆の穴太積みだそうです。
比叡山からの清冽な川の流れは視覚と聴覚に響いてきます。
この体験は日吉大社、ここでしか味わえないように思います。