内向的な性格な人の仕事の選び方や仕事の進め方

人間の性格に関して、外交的と内向的という2つに区別する考え方があります。
そして、ビジネスにおいて内向的な性格は損という見方が多いです。
事実、昨今の多くの企業の採用担当者はコミュニケーション能力を重視していると聞きます
それでは内向的な性格の人は、外交的な性格に変える必要はあるのかというと、その必要はありません。
この記事では、内向的な性格の人が社会で働くための、仕事の選び方と仕事の進め方を紹介していきます。

内向的な性格の仕事について

内向的、外交的という性格区分の注意点

性格というものは、十人十色です。
ですから、人間の性格を内向的、外交的というたった2つに区分するのは、単なる二元論であり乱暴な区別だと思います。
しかし、内向的な性格について考えるという視点から、外交的な性格を比較することで、内向的な性格の特徴をあぶり出すという意味で、その区分は有効かもしれません。
ですから今回の記事も、あくまでも内向的な性格の人のモデルケースだと捉えてください。

内向的な性格の仕事の選び方

内向的な人が外交的な人に比べて不利な理由

外交的な人は、コンパや飲み会、スポーツなど人を話すこと、人と一緒にいることがとても大好きです。
一言で言えば、人間好きです。
家の中に一日中、閉じこもっていたり、他人を話をしないことが耐えられません。

これに対し内向的な人は、一人で時間を過ごすことが平気な人です。
一人で楽しむことに長けています。

外交的な人は、沢山の人と出会うので、自然と人脈、コネができていきます。
また対人関係や根回りなどのスキルを身についていきます。
就職してからも、沢山の人と出会い、職場の内外に顔が広い人になっていきます。

外交的なAさんと、内向的なBさんがいたとします。
職種の技能の能力が同じだとしても、人間的な魅力で評価されるのは、外交的なAさんになります。
会社内では、顔が広く好かれる人が出世しやすいです。

かといって、もともと内向的なひとが無理に人付き合いをしても、やはりもともと外交的な人には、敵わないと思います。
大切なのは、内向的な人が外交的な人にはない強みの発見です。
独自の強み見つけて、伸ばしていくこと努力こそが会社で評価されるためには、必要になります。

内向的な人には向いていない職業

内向的な人の話し方の特徴は、よく考えてから話すことです。
外交的な人に比べて、内省的に熟慮して、思ったことは、不用意に口にはだしません。

しかし、とにかく喋るような仕事は向いていません。
その点から考えると、ホスト・ホステス・キャバクラ嬢などは、向いていない可能性が高いです。
水商売のお店には毎日いろいろなお客さんが来店します。
そのお客さんに一人ひとりに対し、臨機応変にトークで楽しませるスキルが必要になってきます。
そう考えますと、政治家も同様ですね。
また、介護の仕事もコミュニケーションをよく取る仕事です。
介助者とのおしゃべりも仕事の一つだと考えたほうがいいです。

それと意外ですが、事務職や政治家の秘書の仕事も、内向的な人にはあまり向いていません。
事務職の仕事というと、デスクワークのイメージがあります。
しかし実際の仕事は、来客対応、お茶出しなど庶務的な仕事も含まれ、臨機応変なやり取りが必要です。

内向的な人には向いている職業

それでは内向的な人にこそ、むいている仕事は何でしょうか?
その特徴を3つあげることができます。

1つ目は、単調な仕事でもコツコツできること。
2つ目は、自分のペースや裁量で仕事ができること
3つ目は、自分の独自の感情や思考を仕事に活かせる仕事。

まず1つ目の単調な仕事ですが、この例としては、
・コールセンター
・データ入力
・工場労働、
・配送
等が挙げられます。

これらの職種は、それほどスキルが必要がないぶん、給料は安めで、非正規雇用のものが多いです。
しかし、仕事もそれほど難しくありませんので、慣れれば他の仕事に比べると、気楽です。

コールセンターという職種は意外かもしれませんが、作業マニュアルが完備されている場合がほとんどで、仕事も基本的には一人で進められるので、
比較的内向的な人でも向いていると思っています。

また、プログラマーやシステムエンジニアも単調な仕事ではありませんが、向いています。
内向的な人は、現在ではこの仕事が最も向いている職種の一つかと言えます。

ビル・ゲイツやスティーブ・ジョブズももともとは、パソコンオタクで内向的でありながら、大成功を収めました。
あなたがまだ若いのでしたら、ITスキルを身につけることをお勧めします。

次に2つ目と3つ目の自分のペースや裁量で仕事ができて、自分の独自の感情や思考を仕事に活かせる仕事ですが。。
このような仕事は、会社内ですと管理職、研究職ですし、ポスト自体が少ないのが実情です。

ですから、個人事業主やフリーランスの立場で仕事して、仕事をしてい場合が多いかと思います。
どうして、内向的にな性格になるかというと、その大きな原因の一つとして、内向的にな性格の当事者自体が、マイナーな考えの持ち主だという理由が挙げられます。
つまり、マイナーゆえに周りと話が合わない。
それゆえ、口数が少なくなり、自分が内向的な人間だと思いこんでしまうのです。

ですから、独自の感性や考えを持っているのでしたら、最初は自分で副業ベースでいいので、自分で事業を始めてみてはいかかでしょうか?
昨今は、実に沢山の副業とその成功事例があります。
ネットで情報も取り放題です。
現代ほど、個人で事業を始めやすい時代はないでしょう。
事業は小さいスタートして、少しうまく行ったら、徐々に大きくという気楽な気持ちが良いと思います。

内向的な性格の仕事の進め方

仕事は生計の手段。
自分い合わないなあと思っていも、ジョブチェンジはそう簡単ではありません。
内向的当事者の大半は、会社の中で仕事をしていくことになります。

その場合、心がけることは、外交的性格の当事者に比べた場合のウイークポイントを、どう補うか?という視点です。
ここで、重要な認識は、内向的とは、消極的とは全く違うということです。
内向的であることと、積極性は両立します。
内向的あなたも、会社では従業員の一人。
貴方の視点で、貴方のこと、貴方の感情や考えを周囲にアピールしていきましょう。
貴方の感性は、おそらく多数派(マジョリティ)の感性とは、違う可能性があります。
そして、それが思わぬ形で、会社の利益になる可能性があります。

最後にまとめると次のようになります。
・内向的であることは、消極的とはイコールではありません。
・内向的であること、積極性は両立します。
・内向的なあなたの感性は、マイナーである分貴重であり、会社に大きな貢献をすることができます。