靖国神社は明治維新から先の大戦までの戦没者を祀る神社。
桜の名所としても有名です。
年間500万人が訪れ、年間を通じてみたままつり、例祭などがあります。

昨今では、神社内の施設でのライトアップ、プロジェクションマッピングを駆使したイベントも開催され、幅広い年代が来訪します。
初詣はどこの神社も混雑をしますし、靖国神社では屋台の出店は2018年はありませんでした。

そこで、この記事では靖国神社の初詣に行きたいという方向けに、

・混み具合と混雑の穴場の時間帯
・屋台の出店状況

について、ご紹介します。

靖国神社 初詣 混み具合と混雑の穴場時間帯

靖国神社 初詣 混み具合

初詣時期のの参拝時間
12/31   23:30~0:00
1/1    0:00~18:00
1/2     6:00~18:00
1/3    6:00~18:00
1/4~   6:00~17:00

例年の混雑時間
12/31   23:30~0:00
1/1     0:00~3:00
1/1    10:00~15:00
1/2    10:00~15:00
1/3    10:00~15:00

また混雑のピークは、

12/31  23:30~0:00
1/1    0:00~3:00

の時間帯になっています。

靖国神社 初詣 混雑の穴場時間帯

混雑のピークを過ぎた後は、1/1の3:00以降は、混雑が緩やかになってきます。
1/1の午前10時までは、それほど待たずに、参拝をすることができます。
2日、3日になると、もう元旦ほどの混雑はありません。
靖国神社は靖国神社の初詣は三が日で25~30万人の参拝者が訪れます。
やはり元旦は混雑をしますが、2日3日は他の神社に比べ、厳しくなく待ち時間は比較すると長くはありません。

また、できるだけ待ち時間を短くしたいのであれば、参拝時間の始まりの前の早朝や、夕方や閉門時刻に行けば、靖国神社の人も少ないのでおすすめかと思います。

靖国神社 初詣 屋台の出店状況

2018年の初詣と桜まつりは、靖国神社の修繕中ということもあり、初詣期間中の屋台は無いという寂しさが残りました。
しかし、2019年の初詣では、屋台や出店は復活します。
初詣といえば、やはり屋台目的の方もいらっしゃるかと思うので、うれしいニュースです。
でも屋台は、正月3が日をすぎると多くが閉店してしまいます。

靖国神社の初詣は、元日以外の2日、3日には混雑も緩やかにになり、屋台もゆっくりと楽しむことができます。
屋台グルメが好きな方は、ぜひ3が日以内に参拝するようにしましょう。