都内の初詣人気スポットの一つ浅草寺ですが、気になるのが混雑ぶりと待ち時間ではないでしょうか?

初詣の参拝者数は、約300万人。
近年は外国人観光客も多く訪れており、人気とともに混雑も拍車がかかっています。

そこでこの記事では、浅草寺初詣の待ち時間、混雑がゆるやかな時間帯、屋台の時間をご紹介します。

浅草寺 初詣 待ち時間, 混雑ぶりの3日間を調査

まず、浅草寺の初詣の例年の本堂開帳時間は次のようになっています。

12月31日 6:30~17:00
1月1日  0:00~20:30
1月2日  6:30~20:00
1月3日  6:30~20:00
1月4日~ 6:30~17:00(通常営業)
※境内は24時間開放していますが、本堂開帳時間とは違いますので、注意が必要です。

12月31日 ・1月1日の待ち時間

初詣御朱印のために受付まで並んだ場合、受取まで2、3時間かかってしまいます。

大晦日はカウントダウンで開帳を待っている参拝客が沢山います。
毎年0:00~3:00まではとても混雑しています。

特に、元日の0時から4時、12時から夕方まで、非常に混んでいます。
仲見世通りを越して雷門の前から行列ができていて、お昼ぐらいになると、行列が駒形橋まで伸びています。

元旦は4:00~08:00ごろや、19:30を過ぎると混雑が緩和されていますが、それでも待ち時間は1,2時間なのは変わりません。

脇からは警備が厳しく割り込みできないので、並んで待っているしかありません。
寒さのため、それなりに体力を消耗します、

1月2日の待ち時間

待ち時間は元旦とそれほど変わらず2,3時間ぐらいです。
普段なら歩いて5分くらいで行ける境内も、正月は1から2時間はかかってしまいます。。

浅草寺 初詣 混雑 3日 (1月3日の待ち時間)

1月3日も平日の混雑は、1月2日までとあまり変わらないように思います。
でも三日の夕方ともなると混雑のピークは過ぎて、だんたんスムーズに参拝ができるようになります。

1月4日以降の待ち時間

3が日をすぎると、参拝の待ち時間も、大幅に短くなって、20~30分ぐらいになります。
仕事始めの会社も多いので、参拝しやすくなると思います。

初詣の時期とはいえ、真冬に2.3時間外で並んでいるのは、体を冷やし風邪などの病気、体調不良の原因になります。
もしも、時間の都合がよろしければ、1月4日以降に参拝されることをおすすめします。

浅草寺初詣 屋台いつまで? 初詣穴場の時間帯

初詣期間には毎年、浅草寺~仲見世に、20,30店の屋台を見かけます。

しかし初詣の屋台は、正月三が日で屋台もほとんど閉店してしまいます。

 

ただ屋台の営業時間と初詣の混雑はそれなりに関係があると思います。

というのは浅草寺は正月三が日中は、どの時間帯も混雑をしています。
ですが、あえて穴場の時間帯を探すと、屋台、出店がまだ閉まっている朝6時から10時なのです。

やはり初詣客は、賑やかな屋台を楽しみという人も多いのです。
ですから混雑を避けるためには、三が日にあえて早起きをしてみます。

浅草寺に一番乗りするつもりで、早朝から並べば、待ち時間もそれほどではありません。

正月三が日に早起きをする、これが浅草寺の初詣で、待ち時間を短くするコツだと思います。