幸手権現堂桜堤  駐車場の混雑状況と穴場 

幸手市北部にある権現堂公園は、花見シーズンになると約100万の花見客で賑わう埼玉県屈指の桜の名所です。

 

権現堂公園の桜の魅力は、なんといっても約1キロに渡る広大な千本桜のピンク色のトンネル。

そして桜の隣にある黄色の菜の花畑もとても美しい。

 

桜の淡いピンク色と菜の花の黄色のコントラストは、圧巻そのものです。

また花見の期間中は、ライトアップも実施されます。

 

ぜひとも、行ってみたいものですよね。

そこで気になるのが、駐車場の混雑状況。

 

約100万人が押し寄せるため、幸手権現堂公園周辺の道路や駐車場は、混雑と大渋滞必至。

そこで出来る限り、幸手権現堂公園の混雑状況と駐車場の穴場スポットについて、ご紹介していきます。

幸手権現堂桜堤 駐車場の混雑状況と穴場

幸手権現堂桜堤の 駐車場について

まず、権現堂公園の周辺の駐車場ですが、第1駐車場から第4駐車場まで4ヶ所あります。

  • 第1駐車場(P1): 約400台
  • 第2駐車場(P2): 約200台
  • 第3駐車場(P3) 約170台
  • 第4駐車場(P4): 約130台

 

駐車料金は 乗用車が500円です。

 

駐車場の利用時間ですが桜の開花状況・天候等によりが異なっています。

従って駐車場の利用時間の詳細については、幸手権現堂公園に問い合わせるのが無難だと思います。

幸手権現堂桜堤 駐車場の混雑状況と穴場

次に花見の期間中の駐車場の混雑状況です。

駐車場は4箇所あるものの、花見の休日期間中はすぐに満杯になってしまうのが例年の混雑状況です。

 

かと言って、徒歩で行く場合最寄り駅は、幸手駅になります。

徒歩の場合、距離して約2キロ、30~40分かかります。

 

なかなか骨が折れる距離です。

でも、お散歩のつもりで歩くのもOKという方は徒歩という選択肢も有りだと思います。

 

ただ、花見の期間中の休日でも

  • 午前朝早くの時間帯
  • 夜桜ライトアップが始まる夕方の頃

は、駐車場が比較的空いている時間帯です。

ですから、その時間帯を狙ってみるのも良いと思います。

 

駐車場穴場としては、幸手駅前のコインパーキングになります。

幸手駅で駐車して、幸手権現堂公園までバスを利用するという方法です。

 

しかし花見の期間中はこちらも、比較的混雑をしています。

 

ですから、クルマを利用する場合、幸手駅の隣の駅前の駐車場で降りて、そこからバスを利用する方法があります。

幸手権現堂桜堤 駐車場の混雑状況と穴場

以上、幸手権現堂桜堤の花見期間中の駐車場の混雑状況と穴場について、解説をしてきました

  • 徒歩で公園まで歩く
  • 時間帯をずらす(早朝・夕方を狙う)
  • 幸手駅前のパーキングを利用する
  • 幸手駅の隣の駅の駅前のパーキングを利用する

 

ただ個人的な感想を言うと、駐車場の混雑状況の詳細な予測は難しく、車で来場するのは渋滞は避けられません。

 

渋滞に巻き込まれ、時間をロスをするのが、どうしても嫌な方は、花見期間中に運行される

幸手駅と権現堂を結ぶ臨時バスを利用するのが、無難だと思います。

 

臨時バスの時刻表は、下記の通りです。

臨時バスは1時間中に、2,3本運行されていますし、運賃も片道180円でリーズナブルです。

 

ぜひ、権現堂の桜のトンネルを満喫して下さい。\(^o^)/。