近年、2月のイベントとして定着した恵方巻き

セブンイレブンやローソン等のコンビニでも気軽に注文が出来ます。

 

しかしそんな恵方巻きに、細かい食べ方ルールがあります。

個人的には、食べ物はおいしく食べれば、それでいいと思うのですが。。

 

ただ、恵方巻きの正しい食べ方のルールを守ると健康や幸運のご利益があると言われています。

ですから恵方巻きを食べるにしても、ぜひご利益にあずかりたいものですよね。

 

そこで今回は、恵方巻き食べ方ルールをご紹介していきます。

恵方巻きの食べ方のルール

恵方巻きの食べ方のルール

まず、恵方巻きの食べ方のルールについてですが、諸説あります。

というのもこれは、江戸時代以降の民間の風習だからです。

 

恵方巻きが全国的に有名になったのは、平成に入りセブンイレブンが、コンビニで恵方巻きが販売するようになってからです。

従って、現代の年配の方の多くは、恵方巻きを伝統的な風習と捉えていないと思います。

 

ですから、恵方巻きの食べ方やご利益についても、あまり堅苦しく考える必要はないと思います。

 

では、一般的に紹介される恵方巻きの食べ方のルールは下記の通りです。

  1. 2月3日の節分の日に食べる
  2. その年の恵方の方角に向かう
  3. 無言で、願い事をしながら食べる
  4. 恵方巻きを切らずに、一口に食べる

 

恵方と歳徳神

さて恵方巻きの食べ方ですが、宗教行事というわけではありませんが、宗教的な考え方はあります。

恵方巻きの宗教的背景を理解すると、恵方巻きの食べ方のルールの意味も理解しやすいと思います。

 

まず恵方とは、歳徳神(としとくじん)という神様がいる方角を指します。

 

ここで言う歳徳神ですが、毎年居る方向が変わります。

その方向に恵方巻きを向けて食べる事で、ご利益を受けることが出来ます。

 

歳徳神がどんな神様かというと、一家の繁栄や金運などの幸福を司る神です。

普段は山に居るのですが正月になると、山から降りてきます。

年末に大掃除をしたり、正月に鏡餅を飾るのも、歳徳神様を迎えるためです。

恵方巻き 方角 決め方

次に恵方の方角ですが、10年周期のの決まったルールがあります。

 

西暦の最後の数字ごとに、次のように決まっています。

西暦の最後の数字が0 西南西 255°
西暦の最後の数字が1 南南東 165°
西暦の最後の数字が2 北北西 345°
西暦の最後の数字が3 南南東 165°
西暦の最後の数字が4 東北東 75°
西暦の最後の数字が5 西南西 255°
西暦の最後の数字が6 南南東 165°
西暦の最後の数字が7 北北西 345°
西暦の最後の数字が8 南南東 165°
西暦の最後の数字が9 東北東 75°

上記の周期表に基づき、

  1. その年の西暦の末尾から、方角を確認する。
  2. 恵方巻きを食べる際には、方角に向かって、食べるのがルールになります。

 

例えば、2018年の方角ですと、西暦の最後の数字が8になります。

従って、恵方巻きを食べる方角は、南南東 165°になります。

 

恵方巻きの食べ方  切ることや飲み物について

恵方巻きは細長いため、食べやすくするために切って食べたい所ですが、これはNGだと言われています。

恵方巻きを切ることは、神様との縁を切ることになるからと言うのが、その理由です。

 

しかし、細長い恵方巻きを一気に無理してモグモグと食べている際に、喉が詰まってしまう危険があります。

 

また、一度に恵方巻きを食べることが必要で、飲み物も飲んではいけないという意見もあります。

しかし、無理をしないことをお勧めします。

 

特にここ数年は恵方巻きが、テレビ等のメディアで取り上げられる機会が大きなりました。

テレビで良く見かけるのは、ニュース番組、情報番組(昼のワイドショー)で、アナウンサーが恵方巻きを口にくわえるシーンです。

 

これを見た若い人や小さい子供が真似をして、喉を詰まらせないか?

私は少し心配になります。

 

恵方巻きは、もともと日本のローカルな民間の風習で、宗教的な意味合いがあります。

 

もともと、わいわい盛り上がって楽しむイベントでもありません。

そこは、是非とも注意が必要だと思います。

 

恵方巻きは2月3日の、一年に一度の機会です。

貴重な時間を過ごし、ご利益にあずかりましょう。