砧公園 桜の花見 2018 開花予想 混雑と場所取り ライトアップ

世田谷区にある砧公園は、園内はとても広大で平らな公園。

見渡す限りに広がる桜を楽しむことができます。

 

およそ840本もの桜があり、幹周り3メートルの巨木もあります。

 

砧公園の桜の特徴としては、見やすさです。

上を見上げなくても目線の高さで、花見ができるのが特徴です。

 

園内には、世田谷美術館や、多摩川の支流に架かる吊り橋などもあり、様々な桜の表情を楽しむことが出来ます。

 

そんな砧公園に花見に行く際に、知っておきたい情報をまとめてみました。

砧公園 桜の花見 2018 開花予想

砧公園 桜の花見の基本情報

砧公園(きぬた・こうえん)

住所:東京都世田谷区砧公園1-1
開園時間:24時間
休日:無休
料金:無料

夜桜鑑賞:なし
桜まつり:なし
売店の営業時間:9:00~17:00
公衆トイレ:あり

桜の種類:

  • ソメイヨシノ
  • オオシマザクラ
  • フゲンゾウ
  • シダレザクラ
  • タイハク
  • カンザン

例年の見頃:3月下旬 ~ 4月上旬

砧公園 桜の場所

引用元:http://www.tokyo-park.or.jp/

砧公園へのアクセス

電車とバス

① 電車:東急田園都市線「用賀」で下車

バス:東急コーチバス(美術館行き)美術館で下車

 

② 電車:小田急線「千歳船橋」で下車

バス:東急バス(田園調布方面)砧公園緑地入口で下車

 

③ 電車:小田急線「成城学園前」で下車

バス:東急バス(都立大学駅北口方面) 岡本一丁目で下車

自動車の利用

東名高速道路のインターを降りると、すぐの距離にあります。

 

しかし、砧公園内の駐車場は、160台ぐらいしか、収容ができません。

そうすると桜が見頃の時期は、早朝に駐車場に到着をして、駐車場の場所取りをする必要があります。

砧公園の駐車場情報

  • 営業時間:24時間開放
  • 駐車台数:160台
  • 利用料金:60分まで300円、 以後30分ごとに100円

砧公園 桜の花見 2018 開花予想 見頃

例年の砧公園の桜の開花

例年の砧公園の桜の開花は、3月25日頃
見ごろの時期は、開花から1週間前後の4月2ぐらいです。

 

2018年の冬は、都内では平年よりも気温が低い日が続いています。

そうなると、2018年の桜の開花は、平年よりも若干遅くなる可能性が高いですね。

砧公園 の花見の混雑と場所取り

砧公園 の花見の混雑について

例年見頃の時期の土日になっています。

2018年の4月の土日は、

  • 3月31日(土)と4月1日(日)
  • 4月7日(土)と4月8日(日)

になっています。

このあたりが混雑をしそうです。

 

しかし、多くの桜が植えられている砧公園のファミリーパークは、広大な芝生の面積があります。

他の花見のスポットと比べ、混雑の具合は、上野公園等に比べて厳しいものではありません。

砧公園 の花見の混雑について

場所取りに関しては、

  • カップルや友人同士や家族連れの4,5名で、
  • 駐車場を利用しない方

であれば、当日朝9時までなら場所取りがしやすいです。

 

逆に、

  • 駐車場を利用したい方や
  • 10名以上の団体利用の方は

当日朝7時までに場所を取らないと、場所が取りにくいです。

 

 

花見客の多くは、電車を利用して、気の合う人同士で花見でいく人だと思います。。

ですから比較的に、砧公園は場所取りがし易いスポットだと言えます。

砧公園 の桜のライトアップについて

残念ながら、砧公園は夜桜のライトアップを実施していません。

 

公園の街灯で、夜桜を楽しむことも可能です。

ただ広い公園内ですし、夜間の公園の治安に不安を感じる人もいると思います。

 

個人的には、砧公園の花見を存分に楽しむのだったら、日中が良いと思います。

 

砧公園の桜は、園内のファミリーパークに、植えられています。

砧公園は、ファミリーパーク以外にも

  • サイクリングコース
  • バードサンクチュアリ
  • アスレチック広場

等の貴重な体験ができます。

 

また、世田谷美術館もありますので、花見以外にも様々な楽しみが可能です。

 

せっかく、砧公園にこられたのでしたら、様々な楽しみ方ができる日中の時間帯が、やはり花見の時間帯としては、ベターだと思います