東京都調布市にある深大寺は、沢山の湧き水と緑の自然に溢れる心の癒やしのスポット。

境内の中には神代植物公園水生植物園があり、東京の名湧水である不動の滝の流れを楽しむことが出来ます。

 

また近年は、テレビ小説のゲゲゲの女房のロケ地になったことから、参拝者は増加。

例年の参拝者数は、20万人になります。

深大寺のご利益は、家内安全、交通安全、商売繁盛、身体健全、厄除 恋愛成就 夫婦円満等になります。

 

自然の魅力に溢れた深大寺に是非初詣に行きたいもですね。

その際、気になるのが初詣混雑状況や屋台だと思います。

そこで今回の記事では、深大寺の初詣をスムーズに、そして屋台を楽しむ方法を紹介していきます。

深大寺 初詣 2018 混雑の穴場の時間帯

深大寺 初詣 参拝時間

参拝時間

  • 12月31日    9:00~24:00
  • 1月1日     0:00~21:00
  • 1月2日     8:30~20;00
  • 1月3日     8:30~20;00
  • 1月4日~9日  9:00~16:30

深大寺 初詣 混雑をする時間帯

  • 元旦の0時~1時まで
    元旦~3日の10時~16時まで

待ち時間は、60分から90分ぐらいになります。

深大寺 初詣 混雑をしない穴場の時間帯

  • 12月31日  午後23時まで
  • 正月3が日  5:00~9:00 17:00以降

比較的混雑をしない3が日の時間帯でも、それなりに待ち時間がああります。

どうしても、待ち時間がイヤという方は、4日以降に行かれることをお勧めします。

深大寺 初詣 屋台グルメについて

初詣の楽しみとしては、屋台グルメという方も多いと思います。

深大寺 初詣 屋台の時間

そこでまず気になるのが、屋台の営業期間。

他の初詣スポットですと、正月3が日を過ぎると、徐々に閉店する所もあります。

 

深大寺の場合は、屋台を地元のお店が営業をしているところが多いです。

従って深大寺の初詣期間中は、屋台の閉店を心配する必要はないと思います。

 

次に、お勧めの屋台グルメですが、

  • 深大寺そば
  • あめやのそばパン
  • 鬼太郎茶屋のじゃころっけ

になります。

 

深大寺そばは、年越しそばとしても有名です。

地元密着の蕎麦屋が作っていますから、味は確かです。

 

あめやのそばパンは、そば粉と玄米を入れてパンを作り、更にあんこが入っています。

小豆、白あん、くりやカボチャ等の6種類の味覚を楽しむ事ができます。

 

鬼太郎茶屋は、大味噌は夜9時から元日の4時まで特別営業をしています

又10日ぐらいまでは、無休で営業しています。
営業期間は、通常営業期間と同じく、午前10時から午後5時になります。

深大寺 初詣 アクセス

深大寺へのアクセス方法は、次の通りです。

電車とバスの利用

  • 京王線 調布駅 北口よりバス深大寺 初詣
  • 京王線 つつじヶ丘駅 北口よりバス乗り換え
  • 中央線・総武線 吉祥寺駅 JR吉祥寺南口よりバス乗り換え
  • 中央線・総武線 三鷹駅 JR三鷹駅南口よりバス乗り換え

自動車

中央自動車道 調布インター

駐車場情報

  • 神代植物公園駐車場 24時間営業  320台収容
  • 深大寺高橋駐車場  9時から17時  66台収容

 

自動車は、代植物公園駐車場の収容台数が多く、しかも24時間営業なのは、ありがたいですね。

初詣には、車の渋滞は付きものですが、混雑をしない時間帯に車で行けば、スムーズに初詣を終えることができると思います。