東京の江東区亀有にある亀戸天神社は、学問の神様として名高い菅原道真公をお祀りしています。

毎年、合格祈願、学業成就のご利益にあずかるために、受験シーズンになると沢山の受験生の参拝で賑わいます。

 

亀戸天神社の初詣の参拝者数は、毎年20万人

ご利益は、合格祈願、学業成就、必勝祈願、厄除け、厄払い、家内安全、交通安全等になります。

 

そこで気になってくるのが、初詣の時期の混雑状況、そして屋台の内容だと思います。

この記事では、亀戸天神社の初詣について、初詣待ち時間屋台のお勧めグルメについて、紹介をしていきます。

亀戸天神社 初詣  待ち時間と混雑状況

亀戸天神社は、年末年始の参拝期間は、24時間となっています。

 

大晦日と正月3が日の初詣の混雑の時間帯、待ち時間は次の通りです。

  • 12月31日 23:00~24:00
  • 1月1日   0:00~ 3:00 (混雑のピーク)
  • 1月1日  10:00~15:00
  • 1月2日  10:00~15:00
  • 1月3日  10:00~15:00

毎年、12月31日の夜11時から、本殿に行列が出来始めます。

そして午前2時ぐらいは行列は更に延びます。

 

亀戸天神社は、境内が狭いというという事もあり、蔵前橋通りに300メートルの列ができます。

さらに、正月3が日の日中の混雑具合は、午前10時には。既に蔵前橋通りに200~300メートルの行列が出来ています。

 

正月3が日の待ち時間は、例年1~2時間となっています。

 

次に正月3が日で、比較的混雑をしない時間帯は次の通りです。

  • 1月1日  5:00~ 9:00 17:00~18:00
  • 1月2日  早朝の時間帯 17:00~18:00
  • 1月3日  早朝の時間帯 17:00~18:00

 

以上の時間帯は、正月3が日の期間中、比較的混雑しない時間帯です。

1月4日以降は、仕事始めという事もあり、混雑具合はぐっと減り、待ち時間は少なくなります。

亀戸天神 初詣 屋台の出店とお勧めグルメについて

初詣の楽しみの一つとして、屋台グルメという方も多いと思います。

亀戸天神社では、例年100店の屋台が出店しています。

 

営業時間は、元日は夜の11時まで。

2日以降は、午前10時から営業をしています。

 

屋台の営業期間は7日までは、あまり閉店する店は多くありません。

亀戸天神社では元日から7日までは、特別昇段の祈願祭が行われ、参拝者も多いからです。

 

ですから、正月3が日以外の日でも、まだ余裕を持って、屋台を楽しむことが出来ます。

 

亀戸天神社の人気の屋台グルメは、鮎の塩焼き、モツ煮込み、玉こんにゃくとなっています。

やはり、真冬の時期という事もあり、体が温まる鍋料理の食べ物が人気です。

 

その他に、ケバブ、シャーピなど屋台には、珍しい食べ物もありますので、屋台周辺を歩くだけでも、見所が沢山あって楽しいです。

亀戸天神 初詣 アクセス方法

亀戸天神初詣への各種アクセス方法は次の通りです。

電車

  • 総武線亀戸駅北口より徒歩15分。
  • 地下鉄半蔵門線錦糸町駅北口より徒歩15分。

バス

  • 都バス亀戸天神前から徒歩0分。

自動車

  • 首都高速錦糸町を降りて、10分。

 

各種アクセス方法がありますが、お勧めは公共交通機関の利用です。

 

亀戸天神社周辺では、例年、大晦日と元旦に交通規制が実施されて、道路が渋滞します。

さらに亀戸天神社の駐車場ですが、収容台数が少ないために、周辺の駐車場を利用することになります。

 

初詣の時期はどうしても、神社周辺は道路が渋滞をします。

スムーズに初詣に行くのであれば、電車やバスの利用をお勧めします。