平塚八幡宮は、1500年の歴史のある神社。

大地震が起きたことをきっかけとして国土安全のために創建されました。

 

また、源頼朝が北条政子の安産を祈願するために神馬を奉納した祈願所も八幡宮です。

このことから、源頼朝ゆかりの神社としても知られています。

 

ご利益は様々で、健康生育、厄除け、家内安全等です

 

JR東海道本線の平塚駅から。わずか徒歩8分という立地にあるために、毎年多くの参拝者で賑わいます。

そこで気になるのが、混雑状況

そこで、この記事では平塚八幡宮の初詣の混雑状況と屋台グルメの情報について、ご紹介します。

平塚八幡宮初詣 混雑状況

平塚八幡宮 初詣 参拝時間

まずは平塚八幡宮の初詣の参拝時間は、24時間いつでも参拝が可能です。

 

もともと平塚八幡宮の参拝時間は、24時間いつでも参拝者に開放をしています。
夜になると、境内がライトアップしますので、夜も安心です。

 

次に初詣の混雑状況ですが、平塚八幡宮は他の初詣の神社比べると、比較的混雑の度合いは厳しくありません。

参拝者も神奈川県10位の神社ですが、 8万人という人数です。

 

しかし大晦日の23時から元日の3時ぐらいまでは、混雑をします。

その他の時間帯も、正月3が日は、午前10時から3時までは比較的混雑をします。

 

他方、空いている穴場の時間帯は早朝です。

どうしても混雑が苦手という方でしたら、早朝の時間を狙うことをお勧めします。

 

全体的言うと、平塚八幡宮の混雑の度合いは、高くありません

ですから、初詣をゆったりと楽しみたい方は、平塚八幡宮は絶好のスポットだと思います。

 

平塚八幡宮は、じっくり眺めると結構見所、みごたえが沢山あります。

まずは、大きい見事な鳥居です。

 

その後、本殿に入る際に、左側に大きな池があり、石橋を渡るのですが、とても美しく整えられています。

また、池の中には、亀が沢山泳いでいます。

 

さらに神社内に無料の駐車場があるというのも、神奈川県では珍しいです。

近隣の方は、駐車場を利用するのも良いと思います。

平塚八幡宮 初詣 の屋台

初詣と言えば、屋台が楽しみな方もいらっしゃると思います。

平塚八幡宮でも、例年バラエティに富んだ一通りの出店が30軒ほど、出店しています。

 

チョコバナナ,わたあめ,じゃがバタ等が人気です。

 

平塚八幡宮の屋台は、正月3が日を過ぎると、閉店が始まります。

食べ物目的でしたら、正月の三が日に訪れることをお勧めします。