茨城県の鹿島神宮初詣は、正月3日だけで70万人が参拝する神社です。

2000年の歴史がある東国三大社の一つとして格式高い神社のため、県外からも多くの参拝者が訪れます。

 

ご利益としては安産,開運、殖産,旅行安全,五穀豊饒などがあります。

 

是非、鹿島神宮の初詣に行ってみたいところですが、気になるのが混雑しない時間帯と駐車場情報です。

今回の記事では、鹿島神宮の初詣の時間帯とアクセス方法についてご紹介します。

鹿島神宮の初詣 2018 の混雑の時間帯予測

鹿島神宮の初詣の参拝時間

鹿島神宮の参拝時間ですが、なんと!年中無休です。

大きな神社という事あるのでしょうか?

参拝する側としては、ありがたいですね。

鹿島神宮の初詣の混雑の時間帯

それでは、正月3が日の混雑する時間帯と、混雑をしない時間帯について、ご紹介します。

 

例年、次の傾向が見られます。

鹿島神宮の初詣 混雑する時間帯

  • 12月31日 午後10時~午後24時
  • 1月1日  午前 0時~午後3時
  • 1月1日   午前10時~午後3時
  • 1月2日   午前10時~午後3時
  • 1月3日   午前10時~午後3時

鹿島神宮の初詣 混雑しない時間帯

1月1日

  • 午前3時から午前5時半
  • 午後8時から午後12時

1月2日

  • 午前0時から午前10時
  • 午後3時から午後12時

1月3日

  • 午前0時から午前10時
  • 午後3時から午後12時

 

例年の傾向から考えられることは、3が日でも、朝10までは比較的混雑をしないという事です。

そして鹿島神宮は、24時間参拝が可能です。

 

従って、個人的にお勧めの参拝の時間帯は、早朝の参拝だと考えます。

鹿島神宮 初詣 駐車場

鹿島神宮 初詣 車の利用について

鹿島神宮とその近くには、以下の駐車場があります。

  • 鹿島神宮 第一駐車場、第2駐車場
  • 鹿島神宮 臨時駐車場(正月期間中のみ)
  • その他市営駐車場、民間駐車場

これらの駐車場の収容台数を全部併せても、約1500台しか駐車が出来ません。

ですから自動車で来場されても、駐車スペースが見つからずに、苦労する可能性があります。

 

しかもそれに加えて、鹿島神宮周辺では、大晦日から正月の三が日の期間、事故防止の観点から交通規制がおこなれています。

鹿島神宮 初詣 電車を利用する場合

他方、電車の場合ですと、最寄りの駅から下りると、徒歩10分で到着ができます。

最寄りの駅は、鹿島神宮駅です。

 

鹿島神宮駅へは、JR鹿島線を利用します。

ただし、鹿島神宮駅への電車の本数は約1時間に一本のペースです。

電車の発車時刻には、注意しましょう。

 

以上、鹿島神宮へのアクセス方法として、車と電車について紹介しました。

  1. 鹿島神宮の周辺に在住の方や土地勘があるという方でしたら、車での来場も問題がないと思います。
  2. 他方、県外から参拝されるという方でしたら、電車の利用が無難だと思います。

鹿島神宮の初詣 屋台の時間とお勧めグルメ

初詣の魅力の一つに、屋台のグルメが挙げられます。

 

鹿島神宮も大きな神社ということであり、正月三が日は、多数の出店が出店しています。

屋台時間ですが、大晦日と正月3が日は、深夜まで営業をしてます。

 

お勧めのグルメは、茨城の特産品でもあるイカです。

採れたイカを、食紅としょうゆで煮込んだもので、ボリュームがたっぷりです。

その他、たこ焼き、お蕎麦屋さんなどもあります。

ぜひ堪能したいものです。

鹿島神宮 初詣 混雑のまとめ

以上、鹿島神宮初詣の混雑情報について、ご紹介してきました。

 

混雑の時間帯については、おおまかには、予測ができますが、やはり毎年混雑の状況は若干違います。

思いのほか、待たされることもあります。

ですから、防寒対策やインフルエンザ対策が不可欠です。

 

それでは、初詣をして気持ちの良い新年のスタートをきって下さいね。